超巨乳のグラビアアイドルとして人気のあった相澤仁美さん

かつては少しぽっちゃりとした体型と巨乳が注目され数々のテレビやラジオ、映画などにも出演する人気グラビアアイドルでした。

しかし2009年にカレンダー発売記念の握手会を最後に芸能活動を休止しており最近はメディアに登場することは全くありませんでしたが、最近久しぶりに写真集を発売しその内容が凄いと再び話題になっております。

今回はその相澤仁美さんの写真集について、そして現在は何をしているのか迫っていきたいと思います。

プロフィール

相澤仁美さんは1982年8月22日生まれの元プラチナムプロダクションに所属していたグラビアアイドルで、現在は35歳となります。

元々は普通のOLとして働いておりましたが、自身の22歳の誕生日に恵比寿の薬局で岩槻千夏さんのマネージャーからスカウトをされ、OLから転身し芸能界入りをしました。

2005年に事務所に所属しSUPER GTのイメージガール『P-ch!』に就任、そしてフジテレビで放送されていた『プレミアの巣窟』のアシスタント「プレミアンガールズ」に抜擢され注目されるようになり、この頃からメディアの露出が増えグラビアなどにも登場するようになります。

相澤さんといえばそのIカップもの超巨乳が売りであり、「おっぱい番長」と呼ばれるほどのインパクト抜群の爆乳で世間の男性を虜にしていきました。

その爆乳キャラで数々のバラエティ番組にも出演し、番組内では共演者からよくいじられることもありましたが、本人もそれを受け入れ積極的に笑いにするなど、自身のアピールポイントを最大限に活かし、その人気は高まる一方でした。

しかし2009年に週刊誌に芸能界デビュー前にセクシービデオ出演疑惑の報道がされたのをきっかけに芸能界から姿を消してしまい、その年の握手会イベントを最後に事実上芸能活動の休止となってしまいました。

続きは次ページから!!