3歳で芸能界に入り、5歳で出演した2010年の大ヒットドラマ『Mother』が出世作となり、天才子役と呼ばれた芦田愛菜

都内にある最難関の名門女子中学校に合格した、彼女の現在が超悲報とネットで囁かれている!?

プロフィール

芦田愛菜 (アシダ マナ)女優。

2004年6月23日生まれ、兵庫県出身。

A型。

母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年、3歳で芸能界に入る。

2009年、『ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビュー。

2010年、ドラマ『MOTHER』に出演し、天才子役として話題を呼ぶ。

本作で「第65回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」など新人賞を多数受賞して認知度を飛躍的に高める。

2011年3月、ドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める。

同年4月にドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となる。

同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビューをした。

2013年、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビュー。

以降、映画『告白』『うさぎドロップ』などに出演する。現在、最も期待されている子役の一人。

2017年2月、前年の夏から受験勉強に専念した結果として東京都内の難関私立中学校に複数合格し、その合格先から芸能活動に理解のある慶應義塾中等部を選択して同年4月に入学した。

続きは次ページから!!