元バレーボールの実業団選手でモデルそして、女優からタレントまでマルチな才能で、人気だった江角マキコ

突然の芸能界引退発表で驚かせましたが、それまでには色々な疑惑や騒動がありました。

さて、そんな江角マキコの現在はどうしているのでしょう。

プロフィール

江角マキコ(エスミ マキコ)元バレーボールの実業団選手、モデル、女優。

1966年12月18日生まれ、島根県出身。AB型。

高等学校在学中よりバレーボール部で活躍し卒業後、実業団バレーボール選手になるも怪我のため現役を引退しました。

その後、長身とスタイルの良さを生かしモデルに転身、さらに女優業も始めました。

女優デビュー作となる映画『幻の光』で、数々の映画賞で新人女優賞を受賞。

代表作には、ドラマ『ショムニ』などがあります。

プライベートでは…

1996年、写真家の桐島ローランド(桐島かれんの弟)さんと結婚しましたが、わずか9ヶ月後に離婚しています。

2003年、ドラマ『ショムニ』の担当ディレクター・平野眞さんと再婚しました。

2005年、第1子となる女児を出産し、約1年間休暇をとり育児に専念しました。

2009年、第2子となる男児を出産しました。

「江角マキコの騒動」

2003年11月から、当時の社会保険庁による「国民年金保険料納付キャンペーン」の広報イメージキャラクターとして起用されましたが、2004年3月、江角さんの17年間に及ぶ、国民年金保険料の未納が明らかとなり会見で謝罪しました。

2014年8月、2012年12月頃に当時の男性マネージャーに命じ、タレントの長嶋一茂氏の自宅に「バカ息子」などと、落書きをさせていたという事実が週刊文春にて報じられました。

本人は否定しています。

2016年、A氏との不倫疑惑が持ち上がる。

2017年1月23日、代理人の弁護士を通じて、電撃芸能界引退発表しました。

旦那さんとの関係

江角マキコさんは、1996年に桐島ローランドさんと結婚していました。

そして、わずか9ヶ月の結婚生活の終止符を打ちました。

その離婚の理由は、性格の不一致としています。

さらに、電撃入籍したことから、ひらめき結婚のひらめき離婚とも言われていましたが、本当の理由はお金と姑との確執だったようです。

次に、江角さんは2003年にフジテレビのゼネラルディレクター・平野眞さんと再婚しました。お二人が出会ったきっかけは大人気ドラマ『ショムニ』です。

そして、最終シリーズの『ショムニFOEVER』の後に結婚されました。

お二人の現在は別居中だそうです。

その理由とは、江角さんの不倫です。

このことに、夫の平野さんも雑誌の直撃インタビューに、このように答えています。

「じつは、2年前から別居しています。“相手の男”のことも知っていますよ。ただ、子供のことがあるので…」夫も認めた江角さんとA氏の“不倫関係”。

そこで、江角さん本人に各メディアが事実確認をしようとしたところ、衝撃の“引退宣言”だったのです。

続きは次ページから!!