吉田栄作、織田裕二とともに「トレンディ御三家」と呼ばれ、トレンディドラマ俳優として人気であった加勢大周さん

映画「稲村ジェーン」で初主演を務め、瞬く間にお茶の間の人気者となりました。

しかし覚醒剤により2008年に逮捕をされたことで人生は一変し、現在は芸能界復帰をせずバーテンダーとして働いているようです。

今回は加勢大周さんの現在の仕事、そしてその姿に迫っていきたいと思います。

プロフィール

加勢大周さんは北海道函館市出身で1969年生まれの現在49歳となる元俳優です。

映画「稲村ジェーン」の主役に抜擢され俳優デビューを果たし、その甘いルックスから一躍お茶の間の人気者となりました。

その後は吉田栄作、織田裕二とともに「トレンディ御三家」と呼ばれ、ドラマやCMにも引っ張りだこでした。

しかし1991年に所属事務所から独立して個人事務所を設立することになりましたが、芸名の使用に関して前所属事務所から提訴され揉めたことがあり、1年3ヶ月の裁判の結果、加勢さんの勝訴となり、「加勢大周」という芸名で活動することが許されました。

1995年以降は助演での出演が増え、また台湾のテレビドラマの出演も多くなり、現地でも人気を博しました。

その後も様々なドラマや映画に出演し、順調に俳優として活動をしていましたが、2008年、自宅マンションにて覚醒剤と大麻を所持していたとして現行犯逮捕をされ人生は一変してしまいました。

尿検査では覚醒剤の陽性反応が出ており、自宅には覚醒剤のための注射器や栽培された大麻まで見つかっており、常習性依存性が高かったとされ裁判の結果、懲役2年6ヶ月・執行猶予3年が言い渡されました。

この事件をきっかけに芸能界引退を表明し、加勢大周さんは芸能界から姿を消すこととなりました。

働いてるバーの場所は?

事件後はほとんど音沙汰のなかった加勢大周さんですが、事件後は一度地元函館に戻り、その後再び東京に戻られているようです。

そして現在は都内のバーでバーテンダーとして働いているようです。

加勢大周さんが働いているバーの場所を探してみたところ、残念ながらお店を特定することはできませんでしたが、有力な情報として六本木、乃木坂の会員制のバーで働いているようです。

お店は繁華街から少し離れた地下のお店のようで、噂では常連客からも人気があり、店のことは店長からほぼ任され一人でお店を回していることも多いようです。

お店では本名で呼ばれており、とても気さくで爽やかな笑顔は現在も健在のようで常連客からも人気のバーテンダーらしいですね。

またリクエストをすると、そのリクエストに合わせたカクテルを作るなど、元芸能人というだけではなくしっかりとバーテンダーとしての実力も持ち合わせているようです。

事件で人生が一変してしまった加勢大周さんですが、現在は社会復帰をしてバーテンダーとして第二の人生を歩んでいるみたいですね。

現在の姿

現在はバーテンダーとして活動をされている加勢大周さん。

一般人のためメディアに登場することはありませんが、現在はどのような姿なのでしょうか。

調べてみたところバーテンダーとして働いている加勢大周さんの姿が見つかりました。

こちらが現在の加勢大周さんの姿になります。

白のシャツでいかにもバーテンダーという感じの格好をされていらっしゃいますね。

若い時と比べると歳をとった感じは否めませんが、それでも甘いマスクは現在も健在のようです。

そして加勢大周さんのプライベートですが、調べてみたところ現在はどうやら再婚をされているようですね。

加勢さんといえば2000年に一般人女性と結婚をしましたが、2年経たずして「隠し子」の存在が発覚し、そのまま離婚となってしまいました。

当時は大きなニュースとなり、加勢さんは多額の慰謝料を女性に払わなくてはいけなくなり一時期は10万の賃貸に暮らしていたという話もあります。

一世を風靡したトレンディ俳優としてはあまりに悲しいニュースでさらには薬物使用で逮捕され波乱万丈な人生を送ってきましたが、現在は再婚し一家の大黒柱として家族を支えているようです。

加勢さんの過去の経緯もあってか、再婚した奥さんからかなり管理をされているようで門限まで設けられているようです。

新たに子供を授かっているかは不明でしたが、社会復帰をして真面目に働き、現在は一般人として奥様と二人で幸せな生活を送っているようですね。

人気トレンディ俳優として一斉を風靡しましたが、離婚や隠し子、さらには薬物事件と波乱万丈な人生を送っていきた加勢大周さん。

現在は社会復帰をして都内のバーテンダーとして働き、また再婚もして新たな人生を送っているようです。

芸能界復帰は打診がありつつも本人が断ったという話なので可能性としては低そうですが、もしかしたら再びメディアに登場することもあるかもしれませんね。