ネガティブすぎるイケメンとして注目を集めた栗原類さん

ハーフでキリッとした顔立ち、高身長でモデルとして活躍する彼に憧れる人も多かったと思います。

また、ネガティブと言った他の人にはない彼の独特の世界に引き込まれることもあったでしょう。

しかし、そんな彼をテレビで見ることが少なくなってしまいましたね。

何故、彼がテレビに出なくなったのでしょうか。

また、彼の詳しいプロフィールや現在の活動についても詳しくまとめてみたいと思います。

プロフィール

1994年12月6日生まれ、東京都出身の23歳です。

イギリス人の父と日本人の母の間に生まれたハーフで3歳から11歳までニューヨークで暮らしていました。

彼の母親は、栗原泉さんです。

通訳業や翻訳業の仕事をしています。

身長が181cmと高く日本のファションモデルをしています。

「メンズノンノ」や「ポエイ」などの男性ファッション誌でモデルを務め、2012年にはネガティブなことを言うことから「ネガティブすぎるイケメンモデル」として注目されました。

モデルだけではなく、「笑っていいとも!」や「アウト・デラックス」、「妄想ニホン料理」などのバラエティ番組に出演したり、「みんな!エスパーだよ!」や「彼岸島」などのドラマにも出演するなど俳優としても活躍していました。

他には映画やCMなどでも彼を見ない日はないというくらいの活躍をしていたのです。

実は栗原類さん、子役モデルとしても活躍していて5歳から芸能界でお仕事をしていたのです。

中学2年生のときにはファッション雑誌「メンズノンノ」に出演していました。

栗原類さんは、子供の頃にアメリカと日本の学校に通っていたので英語が流暢に話せます。

NHKでは「エイゴビート」という番組に出演し、彼がMCをするゲームコーナーがノリノリで楽しいと話題になりました。

本当の先生のように子どもたちに接している姿も沢山の人に評価されています。

彼自身英語を話せるようになったのはアニメ番組を英語字幕付きで見るようにしていたからだといいます。

バラエティから教育番組まで様々なジャンルで活躍していましたね。

続きは次ページから!!