子役時代からとても人気があった美山加恋さん

とても愛らしい子役でしたよね。

幼い頃から様々なドラマに出演し、特に草彅剛さん主演の『僕と彼女と彼女の生きる道』で小柳凛役を演じ、一躍「天才子役」として注目を集めました。

彼女の代表作となったこのドラマ。

「あ、この子か」とピンと来た人は多くいるのではないでしょうか?

さて、美山さん現在はもう21歳

いつの間にか立派な成人として今も女優業に身を置いています。

また、女優業とは別に新たな挑戦をしています。

それでは、そんな美山加恋さんの現在を今回は紹介していきましょう。

プロフィール

名前:美山加恋(みやま かれん)

生年月日:1996年12月12日(21歳)

出身地:東京都

職業:女優、声優

趣味:漫画、アニメ、お菓子作り、フラダンス

経歴:

美山加恋さんは子役として2002年に舞台『てるてる坊主の照子さん』でデビュー。

そして2004年にはあの名作草彅剛さん主演の『僕と彼女と彼女の生きる道』で小柳凛役を演じ、一躍「天才子役」として注目を集め、第40回ザテレビジョンドラマアカデミー賞にて助演女優賞と新人賞をダブル受賞。

一気に彼女に注目が集まりました。

子役としてトップを走り続けた美山さん。

数々のテレビドラマなどに出演し、幼少期は大忙しの毎日であったそうです。

2012年にはついに『神様の観覧車』で舞台初主演を演じました。

また、韓国ドラマ『IRIS-アイリス-』に出演を機に韓国語に興味を持ち、勉強を始めて、ハングルを読むことができ、また日常会話もできるほどだと言います。

ちなみにアイリスではユキ役で出演していました。

さらに、彼女の仕事の幅は声優業にも足を伸ばします。

2017年の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の宇佐美いちか/キュアホイップ役でテレビアニメ初主演を演じたのは記憶に新しいと思います。

プリキュアは子供世代にとても人気があるアニメなので、母親は子役時代の美山さん、子供はプリキュアの美山さんと、2世代から愛されるようになりました。

なんとちびまる子ちゃんのたまえちゃん役でも出演していたとのこと。

とても驚きです。

美山さんの趣味は漫画やアニメだということで、自分の好きな分野で仕事ができているみたいでとても良いですよね。

そんな様々な世代に愛されている彼女。子役時代を知っている人からすると「もうこんなに大きくなったの!?」と思われる方も多いと思います。

ではいよいよ次から美山さんの現在を紹介しましょう。

続きは次ページから!!