一世を風靡した国民的超人気アイドルグループ「モーニング娘。」の初代メンバー中澤裕子

高校卒業後からデビュー直前まで、会社員だった異例の経歴をもち、歴代メンバーとしても最年長で、アネキ的な存在で親しまれていました。

今回は、今の旦那さんと結婚し、二人の子供の母になったという現在の中澤裕子を調べてみました。

プロフィール

中澤裕子(ナカザワ ユウコ)歌手・タレント・女優。1973年6月19日生まれ、京都府出身。O型。

1997年、テレビ東京系列で放送されていた『ASAYAN』の企画で「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」に応募し、グランプリではなかったもののつんく♂に見いだされ、24歳で初代「モーニング娘。」のメンバーとしてデビューが決定。

この当時は、他のメンバーが全員10代で、中澤さんは高校卒業後からデビュー直前まで、OLをしていました。

ちなみに「モーニング娘。」初代メンバーで最年長。現役・卒業者全員合わせても最年長です。

1998年、モーニング娘。「モーニングコーヒー」でメジャーデビューし、初代リーダーを務める。同年8月「カラスの女房」で演歌歌手デビュー。

2ndシングルからソロ活動名義を中澤ゆうこと改名。

2001年4月、モーニング娘。から卒業。

ソロ活動に専念し、歌のジャンルも演歌からポップスに変更。

歌手活動の名義も本名に戻す。

その後、歌手活動のほかに、ドラマや舞台で女優としても活躍。

プライベートでは…

2012年4月1日、IT関連企業代表取締役社長の一般男性との結婚を発表。

2012年6月、妊娠5カ月であることを発表。

同年11月25日、第一子女児を出産。

2014年12月、第二子妊娠を発表。2015年5月、第二子長男を出産。

旦那さんは何者?

2012年4月に、中澤裕子さんは一般男性と結婚発表されました。

その一般男性とは、IT関連企業代表取締役社長の新井勝男さんとのこと。

中澤さんが新井勝男さんと出会ったのは38歳の時で、2011年の夏だそうです。

新井勝男さんは一般の方なのでその顔は公開されていませんが、俳優の内野聖陽さん似のイケメンといいます。

中澤裕子さんとは同い年だそうです。

さて、その新井勝男さんは、福岡をベースとするIT関連企業(株式会社スペースワーナー)の代表取締役社長で、なんと!年商3億円のカリスマ経営者とのことです。

すごいですよね!この結婚で一躍「勝ち組」になった中澤裕子さん。

新井勝男さんの経営されている会社、株式会社スペースワーナーを調べてみると、ケーブルテレビ関係のコンピュータソフトをつくっている会社で、従業員は関連会社を含めても30名とのこと。

さらに、新井勝男さんは東京マラソンなどにも出場するほどのスポーツマンなのだそうです。

イケメンでIT社長そして、スポーツ万能の旦那さんなんて、羨ましすぎますよね!

子供との生活は?

現在、中澤裕子さんは旦那さんの仕事の拠点である、福岡県で生活しています。自身の仕事も福岡中心にされているようです。では、二児の母でもある中澤さんは、一体お子さんたちとどのような生活をされているのでしょうか?

2012年11月、39歳で第一子女児を出産し、2015年5月に41歳で第二子長男を出産されている中澤さん。

初産の時はかなり難産だったようで、第二子の妊娠は迷いがあったそうですが旦那さんの希望もあり、二人のお子さんを高齢出産されています。

お子さんの名前等は公表されておらず、一般の方と同じように子育てをしている様子です。

そして現在、娘さんは保育園へ通っているそう、料理もお子さんが生まれてから離乳食を作るため、本格的に始めたといいます。

もう、すっかりママの中澤さんですが、先日元モーニング娘。のメンバー、吉澤ひとみさんと保田圭さんのお二人と『ボクらの時代』にて共演され、お互いの子育てや旦那さんのことを語られていました。

往年のスーパーアイドルも、もう主婦なのですね。

いかかでしたか?

初代モーニング娘。のリーダーとして活躍していた中澤さん。

元モーニング娘。のメンバーたちが続々結婚・出産する中、負け組と言われていた彼女でしたが、もうすっかり勝ち組です。

そして、誰もが憧れるセレブママになりました。

現在の中澤裕子さんは、素敵な旦那さまと二人のお子さんにも恵まれ、とてもお幸せそうですね。