2014年にSTAP細胞の発見で一気に世間の注目を浴びた小保方晴子さん

可愛らしいルックスと研究者でありながらオシャレにも気を遣う姿が当時話題となり、リケジョ(理系女子)という言葉も生まれました。

一躍時の人となった小保方さんですが、その後STAP研究の論文に様々な不正疑惑が浮上しそれまでの扱いから一転、過剰なバッシングを受けることに…。

騒動後はメディアから完全に距離を置き、世間やメディアから受けた過剰な批判や報道が原因でうつ病になってしまったとも報じられていますが小保方さんは現在の様子とは?

「結婚した!?」「相手は?」「家族はどうなった?」などなど天と地を一度に味わった彼女の気になる今についてお伝えしていきます!

プロフィール

1983年生まれで現在34歳。

千葉県松戸市出身で幼いころから生命や再生医療、研究者に興味を持っていた小保方さん。

2002年に早稲田大学理工学部応用化学科に入学し、2008年には早稲田大学大学院理工学研究科応用化学先行修士課程を修了。

その後はハーバード大学医学大学院教授のもとへ短期留学・客員研究員として研究に取り組み、このときに、変幻自在の万能細胞である「STAP細胞」と巡り合うこととなります。

2011年から理化学研究所へ入所し、研究ユニットリーダーとしてSTAP細胞研究に大きく関わっていくのです。

ここまでの経歴を見てみるとまさにエリート街道をひた走ってきたように見える小保方さんですが、2014年1月に科学誌『ネイチャー』に論文を発表すると「生物学の常識を覆す世紀の大発見」として日本だけでなく世界的に大きく取り上げられ、それと同時にこの大発見には疑惑の目が向けられることに…。

しかし「STAP細胞はあります」という主張も虚しくその疑惑が晴れることはありませんでした。

連日メディアは小保方さんを追いかけまわし、激しく非難。

過剰ともいえる報道の末、論文は撤回、大学の学位取り消し処分、理化学研究所も退職に追い込まれ、精神的にも参ってしまった彼女は世間の目から逃れるように姿を消していきました。

続きは次ページから!!