オネエブームの先駆けで、バラエティ番組などで大活躍していた漫画家の山咲トオル

整った顔立ちで、人気を博していましたが、いつしか露出が減少。

干されてしまった理由をカミングアウトし、”消えた”真相が判明。

現在の姿はどうなっているのでしょうか…。

プロフィール

山咲トオル(ヤマザキ トオル)日本の漫画家、タレント。

本名は中沢惣八郎(なかざわそうはちろう)。

1969年8月23日生まれ、東京都港区出身。

血液型AB型。

太田プロダクション所属。

1986年にアイドルデビューした中沢初絵は実姉。

相撲の第7代横綱稲妻雷五郎の子孫(玄孫)である。

生まれは東京都港区であるが、7歳の時に沖縄県に移り住んだ。

もとはアイドル志望であり、カラオケのイメージビデオ等にも出演したり、大規模なオーディションにも参加したことがあったが、楳図かずおの漫画に影響を受け、ホラー漫画で漫画家として1994年にデビューした。

その他の作品も主にホラー漫画である。

1997年、声優のくまいもとことラジオ番組「青春!!タコ少女」を始めるなど徐々に芸能人として活動。

1999年、歌手デビューを果たした。

ラジオ番組が終了した2002年にHalo: Combat Evolved日本版のCM出演を皮切りにバラエティ番組に出演するようになり、トオルちゃんという愛称と共にオカマの芸能人として有名となる。

消えた理由

今ではすっかりメジャーとなった”オネエ”ですが、その存在がメジャーで無かった10年前、バラエティ番組で引っ張りだこだった山咲トオルさん。

タレントとして大活躍されていましたが、ある時期からパタッとその姿を見かけることは、無くなってしまいました。

その理由を2016年3月24日放送の「ヨソで言わんとい亭」に出演し、自身がテレビから消えた理由について明かしました。

その原因は「生意気だった」と語り、「オネエキャラだから何か面白いことを言うのは当たり前」という前提で番組に呼ばれ、プレッシャーを感じるようになった山咲さん。

そして、次々と新たなオネエタレントたちが現れるようになり、毒舌を吐くわけでもない山咲さんは、「ただテレビの画面でチラッと映って、ニコって笑ってるだけの自分がつらい…スタッフやプロダクションに、迷惑をかけてる」と感じてしまいそこから丸3年、自らの意思でタレント活動を休業したそうです。

山咲さんは、この一連の過去について「当時は、生意気なことを言っていたと思う」と振り返り、温泉番組などで肌を出すのはイヤと拒否、パチンコの新機種のイベントにもイメージが壊れるからと拒否、さらには、さんま御殿の出演を断ったことを暴露、結局番組には出演したが、その当時は「バラエティなんてナヨナヨしながら話してれば大丈夫」とナメた考えを持っていたそうです。

そんなことから、めんどくさい出演者となり仕事のオファーも、来なくなってしまったそうです。

現在の姿

そんな失敗をしてしまった山咲トオルさんですが、現在は何をされているのでしょうか。

調べてみたところ…

現在は、7歳から育った地である沖縄に拠点を移し、沖縄のローカル番組でテレビやラジオのレギュラー番組を担当しているとのこと。

そして沖縄だけでなく、千葉のローカル局である千葉テレビでも「ごちそうライフ」という番組を担当されていて、こちらはお姉さんの中沢初絵さんとともに、番組のホスト役としてレギュラー出演されています。

そして「幸せ!ボンビーガール」のナレーションや、バラエティ番組にもゲスト出演され、本業の漫画家としても活躍されています。

そして、公式ブログも更新中、こちらのブログをご覧いただければ山崎さんの近況がわかります。

現在の山咲トオルさんは、以前より仕事が減っていても、タレントを継続中です。

さらに、画家としての才能もある方なので、今後また違ったオネエタレントとして、再ブレイクするかもしれませんね。

オネエタレントの先駆者として、人気を博した山咲トオルさん。

そのイメージは、可愛く物腰柔らかなキャラクターで親しまれましたが、自身の申出で3年間の活動休止後、オネエタレントブームもあり、全国ネットの人気番組での出演は激減してしまいました。

しかし、そんな過去を反省し干された理由もカミングアウト。

今後、山咲さんの再ブレイクを期待しましょう。