一時期日本で歌手や女優として大活躍していた韓国人タレントのユンソナさん

現在、韓国で活動をしているユンソナさんがガンになっているとの噂があります。

また、押尾学さんとの関係についての噂もあるようです。

詳しくチェックしていきたいと思います。

プロフィール

名 前:ユンソナ(Youn Son Ha)

生年月日: 1975年 10月 23日(42歳)

趣味/特技 : テニス、ミュージカル鑑賞

学歴:ペクチェ芸術大学演劇映画科

韓国でタレントとしてデビューを果たし、2000年に来日を果たしたユンソナさん。

2001年に放送されたNHKドラマ『もう一度キス』にヒロイン役として出演し、日本デビューを果たしました。

その後、明るく天真爛漫なユンソナさんの人気はどんどん高まっていきました。

当時はまだ韓流ブームが日本で始まる前だったので、ユンソナさんの片言で話す日本語がウケて、歌手や女優のみならず、タレントとしてもバラエティ番組に引っ張りだこになっていました。

当時の韓国タレントといえば、歌手のボアさんかユンソナさんと言われていたほど、有名な存在となっていました。

その後、韓国へ戻り、結婚出産を経て、現在は2児の母として韓国を中心に活動をされています。

押尾学との関係

押尾学さんといえば、2009年の8月に六本木ヒルズのマンションの一室で起こした『押尾学事件』が大きな話題として覚えていますよね。

その事件では、押尾学さんと一緒に合成麻薬MDMAを服用していたと思われる銀座のホステスの女性が亡くなりました。

そして、押尾学さんは『麻薬取締法違反』の容疑で逮捕されたのでした。

この事件で、押尾学さんは麻薬取締法違反で懲役1年6か月・執行猶予5年の有罪判決を言い渡されました。

さらに、ホステスの女性を死なせたということで、保護責任者遺棄罪で懲役2年6か月の実刑判決を言い渡されました。

この事件は世間を震撼させましたよね。

押尾学さんが有名だったこともあり、ショックを受けた人も多かったようです。

しかし、ネット上では、その事件の際にマンションにはもう2人誰かいたのではないかという噂が騒がれていたのです。

その事件が騒がれていた時期に、それまで活躍していたユンソナさんが活動休止したのです。

実際の事件には全く関係なかったものの、ユンソナさんが『押尾学事件』に何か関係あるのではないか?とネット上では噂だけが広がっていったようです。

一時は騒がれていたものの、実際には全く関係なかったので、それ以上話が展開することはありませんでした。

なので、ユンソナさんと押尾学さんにはまったく関係性がないということです。

しかし、その時にネット上で大きく騒がれていたこともあり、現在もユンソナさんと押尾学事件がキーワードでつながりやすくなっているようです。

続きは次ページから!!