日本漫画界に大きな衝撃を与えた漫画家、蛭子能収。

そんな彼ですが、あまりその軌跡については知られていませんので、今回紹介していきたいと思います。

プロフィール

生年月日 1947年10月21日

愛称 蛭子さん

出身地 長崎県長崎市

学歴 長崎市立長崎商業高校

職業 漫画家、イラストレーター、エッセイスト、タレント

所属 ファザーズコーポレーション

ジャンル 劇画、ガロ系、鬼畜系、ヘタウマ、不条理漫画、サブカルチャー

活動期間 1973年―

蛭子は熊本県の牛深市にて三人兄弟の末っ子として生まれました。

八歳上の姉と五歳上の兄がいます。

小学生時代は劇画を愛読しており、また前衛映画を見に行くなどかなり芸術に興味を持っている少年でした。

その頃から蛭子は将来アーティストになりたいと考えるようになりました。

中学時代、蛭子は紆余曲折があってヤンキーのグループに入り、そこでいじめを受けていました。

使い走りとして様々なものを買いに行かされたり、持ってきた弁当を日の丸弁当に交換されるなどの暗い日々が続き、蛭子の心に大きな影を落としていきました。

蛭子はこのストレスを発散するために嫌いないじめっ子を殺す漫画の執筆にひたすら打ち込んでおり、後の作風に影響を及ぼしました。

また、この頃の蛭子は自身の才能に関してかなり悲観視しており、どこかの会社の事務員になれればいいと考えるようになりました。

その後商業高校に進学し、そこで美術部に入部します。

蛭子はそこでグラフィックデザインを知り、それについて勉強するようになりました。

しかし当時の長崎にはグラフィックデザイナーの仕事はなく、蛭子は看板屋に就職したのです。

蛭子は漫画サークルに入会するなど出来る限りの活動を続けましたが、「ねじ式」を読んだことによって燻っている自分自身にいら立ちを覚え、「大阪万博を見に行く」という口実で長崎を抜けて上京しました。

その後、蛭子は上京したのを機に、出版社や映画会社に就職しようとしましたが、学歴を理由に断られ、一旦看板屋に就職します。

蛭子はいち早く転職するために学歴詐称をしたりもしていたのですが、なかなか上手くはいかず、看板屋で先輩のしごきに耐える日々が続きました。

蛭子はそのストレス発散のために、またも先輩を残酷な殺し方をする漫画の執筆に打ち込むことになり、その漫画を出版社に持ち込むようになりました。

1973年に憧れの雑誌の「ガロ」を発行していた青林堂に持ち込みを行うも、絵の技術不足を理由に断られます。

蛭子はペンを自身が得意とする製図ペンに切り替え、また絵の練習を今まで以上に行うなどの努力を重ね、3か月後にまた持ち込みをしました。

そこで編集長の長井勝一に才能を認められ、遂に漫画家としての道が開けました。

アルツハイマーはいつから?

そんな蛭子ですが、2020年7月にテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」にて、認知症の専門病院で検査を行ったところ、アルツハイマーとレビー小体病の合併症であることが発覚しました。

元々アルツハイマーはマネージャーや妻から疑いをかけられており、この検査も疑いを払拭するという目的で受けたものですので、蛭子は驚きを隠せなかったとのことです。

しかし医師によるとレビー小体病はよく聞く薬があるとのことであり、早朝や宿泊のロケを控えれば認知症の進行は遅くなるとのことであり、蛭子はそれを聞いて安心しました。

現在

その後、蛭子はアンダーグラウンドなアダルト漫画をはじめ、不条理漫画やアダルト劇画などの執筆に精力的に取り込み、ヘタウマ漫画家としての地位を確固たるものにします。

そして1981年に「自国に落ちた教師ども」を上梓し、漫画家として完全に独立を果たしました。

また、80年代後半からは芸能界へも積極的に進出するようになり、フジテレビの「笑っていいとも」や「教師びんびん物語Ⅱ」に出演するなど、様々な番組に出演して徐々に名前を打っていきました。

また、漫画家としての活動も並行して行っており、商業的ヒットこそなかったものの、漫画界に一石を投じる作品を量産し、漫画界でも重鎮と呼ばれる立場にまで登り詰めました。

現在でも、女性自身で人生相談のコラムを連載するなど精力的に活動を続けており、10月11日に放送された「有吉クイズ」では、有吉弘行と夏目三久の似顔絵をプレゼントするなどしています。

蛭子には是非これからも精力的に活動してほしいです。

いかがでしたか?

蛭子が中学生時代いじめにあっていたことは少し意外ですね。

いじめやしごきに対して残虐に相手を殺す漫画を描くことによって発散していたあたり、蛭子の狂気に満ちた画風の原点を見たかのように感じます。

また、タレントとしても30年以上も一線で活躍しているあたり、蛭子の多芸さには舌を巻きますね。

アルツハイマーというタレント活動に対しては大きな障害がありますが、蛭子には障害をもろともせずにこれからも活躍を続けてほしいです。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!