最初に結論!榎本加奈子さんは、以前からガリガリでしたので、現在も変わっていないようです。長女との確執については、真相はわかりませんが、2人の間には大きな溝があるようです。

ドラマ『家なき子2』で、主人公・安達祐実をイジめるお嬢様の木崎絵里花役を演じ「エリカがたとえてあげる」のセリフで、一躍大ブレイクした榎本加奈子

旦那・佐々木主浩との結婚と子供との確執とは?

現在、ガリガリとも…!?

プロフィール

榎本加奈子(えのもとかなこ)タレント、実業家、元女優、元アイドル。

戸籍名、佐々木加奈子。

1980年9月29日生まれ、東京都港区出身。

血液型B型。

左利き。

実家は東京都港区白金の米屋で2人姉妹の次女。

小学6年生のときにスカウトをされてモデル活動を始める。

中学2年生のときに本格的に芸能界デビュー。

1995年、ロッテ「雪見だいふく」のCMで注目を集め、その後に出演したテレビドラマ『家なき子2』では、主人公の安達祐実をいじめる裕福な家のお嬢様・木崎絵里花役を演じ、劇中の「エリカがたとえてあげる」というセリフで一躍注目を浴びた。

悪役ではあるものの、その特徴的なキャラクターが受け、結果的にこの役が榎本のブレイクに繋がった。

奔放で強気なキャラクターで、それゆえに「無神経」「はすっぱ」と言われることもあり、トークも毒舌、下ネタ交じりということもあったが、スタッフには大変礼儀正しいと言われている。

2004年春、「ハマの大魔神」ことプロ野球選手・佐々木主浩との不倫交際が発覚する。

佐々木は2005年3月18日に前妻・清水香織との離婚が成立。

同年4月29日に佐々木との間にできた男児を出産(7ヶ月の早産のため1,000gの未熟児)、2005年5月9日に入籍。

2006年6月29日には2,290gの男児を出産、佐々木と前妻との間に生まれた子供2人(女と男)を含め4児の母となった。

佐々木との結婚とほぼ同時期に、女優業からは一線を退いた。

続きは次ページから!!