「Heaven Knows」や「Cry For The Moon」といったヒット曲で知られている、シンガーソングライターの浜田麻里さん。

女性ロックシンガーの先駆けであり、デビューした1983年から現在もなお活動し続ける彼女の現在とは…?

プロフィール

浜田麻里(ハマダ マリ)1962年7月18日生まれ。

シンガーソングライター。

東京都出身。

血液型はA型。

豊かな声量と伸びのあるハイトーンを駆使し、ハードな楽曲からポップ、繊細なバラードまで幅広く歌い上げる抜群の歌唱力を持つ。

小学生の時に地元の合唱団に参加、中学生の頃からテレビのコマーシャルソングの収録に参加していた。

1983年、糸井重里による『麻里ちゃんは、ヘビーメタル。』というキャッチコピーとともに、ラウドネスの樋口宗孝プロデュースによるアルバム『Lunatic Doll〜暗殺警告』でメジャーデビュー。

1980年代に女性ロックヴォーカリストの旗手として注目を集め、当時のハードロックジャンルとしては異例とも言えるアルバム売り上げを誇っていた。

1985年には初のシングル「Blue Revolution」を発表、この頃からすでにセルフ・プロデュースをするようになり、全国ライブツアーも精力的にするようになった。

1987年発表の『IN THE PRECIOUS AGE』からロサンゼルスでレコーディングするようになり、著名なプロデューサー、ミュージシャンを起用してアルバムを製作するようになる。

この頃から、初期に見られたハードロック色の強い曲調からポップさも取り入れた幅広い音楽性を表現し、ファン層をさらに広げていった。

1988年にはNHKのソウルオリンピックNHK中継テーマソング(NHKはこの時から近代オリンピック中継の自局テーマソングを設けるようになった)「Heart and Soul」を担当し、初のオリコンチャートトップ10入りのヒットとなる。

同年、第39回NHK紅白歌合戦への出演打診があったが辞退した。

デビュー時から、CMやドラマなどへの出演はしない方針を打ち出している。

ファンクラブ誌などによると、本人は本業のミュージシャン以外の仕事は不器用で出来ないと語っている。

すっぴんが話題

デビューから30年以上ミュージシャンとして、活躍されている浜田麻里さん。

彼女は今なお、その歌声も衰えていないようです。

そして、そんな浜田麻里さんには最近、”とあること”でも注目されています。

それは…”すっぴん”です。

浜田麻里さんは2019年現在で57歳になりますが、現役で単独コンサートを開催されています。

一般的な年齢を考えると、考えられないほどのパワフルさで驚きます。

そんな中、浜田麻里さんがデビュー30周年を記念して開催されたライブで見せた若々しい姿が、話題になっているようです。

デビュー当時から変わらない抜群のスタイルは、現在も健在!!

ミニスカートから見せたその美脚は、とても57歳とは感じられませんよね。

これには、観客たちも驚き盛り上がったそうです。

ところで、”すっぴん”が注目されていることでしたが、探してみたところ残念ですがありませんでした

しかし、肌質などを見てかなり綺麗なことがわかりますし、ここでも年齢的なことを考えますと、すっぴんもかなり綺麗なことが予想されます。

そのようなことから、”すっぴん”というキーワードが出てきたのではないでしょうか。

現在

浜田麻里さんは、デビュー当時発売した最初のアルバム「暗殺警告」は、売上わずか2000枚。

女性ロックシンガーの先駆けとはいえ、非常に苦いヒットとなりました。

その当時は、中森明菜さんや松田聖子さんが全盛期、中堅にも河合奈保子さんと、とにかくアイドル歌手が人気だった時代。

そんなことから、女性ロックが受け入れられにくかったようです。

しかし、浜田麻里さんのすごいところはその2年後。

セルフプロデュースのアルバムを発表、作詞や作曲を多く浜田麻里本人が担当したアルバムを発売しました。

これが6万枚を超える、セルフプロデュース女性ロックシンガーの異例ヒットとなりました。

そのあとも、ブルーレボリューション7万枚、プロミスインザヒストリー4万枚、IN THE PRECIOUS AGE6.5万枚など、コアなファンを獲得し、そして、浜田麻里さんの代表曲であり、アルバムの売上も数倍増のきっかけとなった「Return To Myself」に、繋がっていきます。

そんな浜田麻里さんの現在の年齢は、57歳。

現在も、シンガーソングライターとして音楽活動をされています。

一般的には還暦も間近で、ビジュアルも気になるところ…ですが、彼女は違いました!!

デビューから35周年記念で、武道館ライブを開いた浜田麻里さん。

現在もそれだけの集客力があると判断されているぐらいに、今もなお浜田麻里さんのファンは多い。

もちろん、この武道館ライブのチケットは即完売しています。

そして、武道館ライブは成功されています。

このように現在もデビュー当時と変わらずのビジュアルをキープし、むしろ現在の方が綺麗さが増している様子です。

そして今後も、ミュージシャンとして活躍されることでしょう。

まとめ

浜田麻里さんは2016年、1月にニューアルバム「Mission」をリリースしてから、3年連続でアルバムをリリースしています。

2019年は、「Light For The Ages- 35th Anniversary Best~Fan’s Selection -」というファンのリクエストよるベストアルバムを発売。

また4月に日本武道館で、単独ライブを開催。

今年も、ボーカリストとして舞台に立ち続けています。

ソロアーティストとして、30年以上活動を続けてこられて「凄い」としか言い様がないですよね。

また、驚く事に歌唱力が落ちないことです。

普通年齢を重ねるとキーを下げたり、歌い方をアレンジしたりするので昔から見ているファンは、がっかりするケースも少なくない。

しかし、浜田麻里さんの場合においては、年齢を重ねる度に歌唱力が上がっているので、これから先もボーカリストとして楽しみな一人である事は間違いありません。

また、音楽性もハードロックからスタートし色々と変化、現在ロックを歌っている彼女。

そして、今後アダルトオルタナティブロックをどう歌うのかに興味がありますね。

このようにまだまだ衰えを知らない浜田麻里さん、シンガーとしてもパワフルですがその美貌も注目されていて、奇跡の50代とも言われています。

確かに、その肌質は「綺麗」の一言。

これからも様々な部分で話題になりそうですね。