日本の俳優であり、声優としても活動している鹿賀丈史さん。

90年代の人気料理番組「料理の鉄人」のメイン司会者としてもお馴染みの方ですね。

そんな鹿賀丈史さんですが、現在、脳梗塞との噂があります。

年齢的にも70歳を超えられていますので、事実がどうか気になりますね。

そこで鹿賀丈史さんの現在と脳梗塞について調べてみました!

プロフィール

名前:鹿賀丈史(本名:勝田薫且(かつた しげかつ))

生年月日:1950年10月12日

血液型:O型

出身地:石川県金沢市

【経歴】

鹿賀丈史さんこと、本名・勝田薫且さんは、1950年10月12日に石川県金沢市に生まれており、父は洋服の仕立て屋、母は北陸一のゴム風船屋を営んでいたそうで、経済的にも恵まれた生活を送られていたそうです。

9歳から中学2年生まで、少年合唱団に所属。

高校生の時は、合唱部に所属しており、テノールと指揮者をされていたそうですよ。

俳優のイメージが強い方ですが、実は歌手としても活動されており、一度聞けば魅了されるような深い響きと迫力のある声をされています。

そういった部分が、9歳からされていた合唱によるものかもしれませんね。

鹿賀丈史さん自身、かなり歌が好きなようで、クラシック声楽家を目指し、オーディションを受けられていたそうです。

そのオーディションがきっかけで1972年、かの有名な「劇団四季」に入団。

そこで現在の芸名である「鹿賀丈史」と名付けられたそうですよ。

ちなみに、芸名の由来は、金沢出身から=加賀となり「鹿のように敏感になり、そして澄んだ目をしているように」という意味が込められているそうです。

劇団四季では、主に子供向けのミュージカルに出演されていました。

初めて鹿賀丈史さんが主役に抜擢されたのが「ジーザス・クライスト=スーパースター」です。

こちらの内容は、聖書を題材に、イエス・キリストの最後の7日間を描いたロックミュージカルだそうですが、鹿賀丈史さん演じる「ジーザス」は人間と神や民衆の間に挟まれ苦悩するという人物なのですが、初の主役にして、かなり難しい役をこなされているんです。

この役が注目を集め「ヴェニスの商人」といった、ジーザスとは真逆の人物もこなされることに。

1980年に劇団を退団。

以後、個性派俳優として活動されていきます。

舞台だけではなく、現在のようにテレビドラマや映画などでも活躍し、代表作に「翔ぶが如く」や「悪霊島」「野獣死すべし」などがあります。

劇団退団後も舞台はされており「レ・ミゼラブル」でジャン・パルジャンとジャベール役をダブルキャストでこなすなど、舞台役者としての地位も確立されていきます。

そして1993年、鹿賀丈史さんのバラエティー代表作といえば「料理の鉄人」です。

鹿賀丈史さんが美食アカデミー主宰として進行され「私の記憶が確かならば」が、老若男女問わず人気のセリフとなりました。

料理の鉄人以降、バラエティー番組のオファーが増え「ポンキッキーズ」で謎の部屋を守る番人や先生などにも扮しておられます。

脳梗塞になっている?

俳優・歌手・舞台役者・司会者など、マルチに活躍する鹿賀丈史さん。

その独特の雰囲気や言い回しなどが、視聴者の記憶に強く残るタレントの1人ですね。

そんな鹿賀丈史さんですが、脳梗塞になっているとの噂が!

調べてみたところ「脳梗塞」にはかかっておられませんでした。

ただ、脳梗塞に紐づけになったきっかけが「認知症」のようですね。

正確に述べると「脳血管性認知症」となる病気ですが、一般的に知られている認知症(アルツハイマー型認知症)とは異なります。

更にいえば、認知症の種類にはあたりません。

脳血管性認知症は一日の中でも時間や症状の程度によりできること、できないことに差があるのが特徴です。

具体的に述べれば「物忘れは多いけど、理解はできている」「同じことをしているのに、できる時とできない時がある」といった症状に、ばらつきがある為「まだら認知症」とも呼ばれています。

その、まだら認知症に、鹿賀丈史さんも、かかってしまったといった情報があります。

今から5年程前になりますが、当時、いくつか決まっていた舞台を体調不良により降板されています。

表向きは体調不良と公表されていますが、実際はセリフを全く覚えられないから認知症ではないかと思われたようです。

当時の舞台関係者から得た証言によるものだそうですが、5年も前のものなので、信憑性には欠けるところがありますので、断定はできません。

ただ「まだら認知症」は体調不良により起こる場合もあるそうなので、実際に体調不良により覚えられなかったという可能性も考えられます。

鹿賀丈史さんも70歳を超えられておりますので、今後の体調が気になりますね。

今現在

御年71歳になられた鹿賀丈史さん。

脳梗塞や認知症といった気になる噂もありますが、現在もお変わりなく俳優・歌手活動を続けられています。

5年前までは、認知症といった噂もありましたが、現在に至っては全くありません。

こういった経緯から見るに、脳梗塞や認知症で、舞台を降板したのではなく、本当に体調不良だったのでしょう。

一度、マロリー・ワイス症候群という、食道からくる病気にもかかられておりますので、気を付けて頂きたいですね。

2021年の現在のお元気な姿がこちら。

こちらは、今年の4月に放送された劇場版「シグナル長期未解決事件捜査班」のものになりますが、鹿賀丈史さんも同作品にご出演されています。

鹿賀丈史さんの公式ホームページとなり、近々のご出演予定などが記載されておりますので、気になった方は、ぜひチェックしてみ下さい。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!