最初に結論!勝谷誠彦さんは現在、病気により57歳という若さで死去したことを、公式サイトで発表されています。

歯に衣着せぬコメントでコメンテーターとして様々な番組に出演していたコラムニストの勝谷誠彦が番組をクビになった理由は?

最近は番組で見ることがなくなった勝谷誠彦は、現在病気(肝硬変)で療養中?

辛口コメンテーター・勝谷誠彦の現在はどうしているのでしょうか。

プロフィール

勝谷誠彦(かつや まさひこ)

1960年12月6日生まれ(57歳)

ジャーナリスト、コラムニスト、コメンテーター

兵庫県尼崎市出身の勝谷誠彦さんは、開業医の家に誕生しました。

灘中学校時代には生徒会長をつとめていました。

また、地学研究部に所属して全国で鉱物採集をしていました。

生徒会長を務めていたものの成績は悪く、下から3番目くらいの成績だったそうです。

現役時代は筑波大学医学群を受験するも不合格となり、浪人を経て東京大学文科Ⅲ類を不合格となり早稲田大学第一文学部に入学しました。

大学に入学した翌年、筑波大学医学群を再び受験しますが不合格となっています。

早稲田大学と同時に慶応義塾大学の法学部にも受かっていた勝谷さんは、自分で勝手に早稲田への進学を決めてしまったため、親からの仕送りを打ち切られてしまいました。

そのため、家庭教師や土方などのアルバイトをして生計を立てていたそうです。

1985年に早稲田大学を卒業し、電通に入社するも数か月で退職しています。

その後、文藝春秋に入社して写真週刊誌の記者となりました。

1996年に退社してフリーランスとして、講義活動やコメンテーターとして活動をするようになりました。

コメンテーターとしては日本テレビの「スッキリ」やTBSラジオの「ストリーム」、「そこまで言って委員会」「あさパラ!」「ビートたけしのTVタックル」などの番組に出演していました。

2015年の5月ごろから8月の末までうつ病であったことを公表しています。

続きは次ページから!!