1999年から2003年まで放送され、人気を博していた昼ドラマ『キッズ・ウォー』(TBS系列)。

それまでの昼ドラといえば主婦層がターゲットというイメージが強かったですが『キッズ・ウォー』は幅広い世代に親しまれ、昼の枠を超えてゴールデンタイムにも進出。

単発のスペシャル版も3本制作されました。

井上真央さんをはじめとする子役たちの活躍が目立ったドラマとしても知られる『キッズ・ウォー』ですが、キャストの皆さんは現在どうしているのでしょうか?

今も俳優や女優として芸能活動を続けているひとたちだけでなく、多方面で活躍を見せる彼らのその後について追ってみました。

キッズウォーってどんなドラマ?

生稲晃子さん演じる元ヤンでバツイチの春子と川野太郎さん演じる妻に先立たれた大介が再婚し、互いの連れ子と共に生活する中で家族内での対立や学校問題、さらには社会問題にも立ち向かうという内容で、はじめは主婦層をターゲットにしたホームドラマとして放送されていましたが、シリーズが続くにつれて若者向けのドラマへとスタイルを変えていきました。

平均視聴率は2桁台、さらにパート3では最高視聴率17.2%(関東圏)を記録する異例のヒットとなりました。

出演者には同ドラマがきっかけで知名度を上げた井上真央さん、双子役を演じた斉藤祥太さん・慶太さんがいたことは有名ですが、実は『キッズ・ウォースペシャル 〜これでファイナル! ざけんなよ〜』には松山ケンイチさんが出演するなど当時はあまり知られていなくてもその後大きく活躍の場を広げていったキャストが多いのもキッズ・ウォーの魅力と言えます。

では当時の子役たちにはどのような方がいたのでしょうか?見ていきましょう。

当時の子役達

■井上真央(今井茜役)

作品全体を通しての主人公であり春子の実の娘を演じた井上真央さん。

まだあどけなさが残っていてとても可愛らしいですよね!

キッズ・ウォーの後、1年間芸能活動を休止し、学業に専念したようです。

■小谷幸弘(今井健一役)

大介の実子で三兄弟の長男を演じた小谷さん。

勉強熱心だけれどいじめを受けて学校へ行けずフリースクールに通うという難しい役どころを演じました。

■宮崎真汐(今井里香役)

三兄弟の2番目で優等生ながら悪役的存在で茜とはいつも対立する役を演じた宮崎さん。

口うるさくツンとした雰囲気が写真の表情にも表れていますね。

■金澤匠(今井浩役)

三兄弟の末っ子で秀才ながら、万引きが得意という癖のある役どころでキッズ・ウォーシリーズ前から「ウルトラマンティガ」や「大河ドラマ 毛利元就」に出演するなど子役としての実力を買われていました。

■斉藤祥太・慶太(紺野翼・新田一也)

パート2から登場した双子の翼と一也。

喧嘩が強く成績優秀な翼は茜と、不良少年だった一也は里香と最終的に結ばれました。

キャストの現在は次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!