道端三姉妹の長女としても知られているファッショモデル、道端カレン。

そんな彼女ですが、一言では言い表せないような壮絶な人生を送ってきました。

今回はそんなカレンの人生の軌跡について振り返ってみたいと思います。

プロフィール

生年月日 1979年6月26日

現年齢 42歳

出身地 福井県

血液型 O型

瞳の色 茶色

毛髪の色 茶色

身長 173 cm

スリーサイズ 82 – 60 – 87 cm

股下 / 身長比 89 cm / 51.4 %

靴のサイズ 26 cm

備考 9頭身

デビュー 1994年

ジャンル ファッション

モデル内容 一般

学歴 福井市立光陽中学校卒

職業 ファッションモデル、タレント

道端はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスにて南欧系アルゼンチン人の父親と日本人の母親の間に生を受けました。

きょうだいは後に道端三姉妹として共にモデル活動をするジェシカとアンジェリカの他、写真家の兄、アニバル・タロウがいます。

道端の母親は道端をモデルにしたがっており、道端もそんな母親の影響を受けてか、幼稚園の頃からモデルの道を志すようになりました。

母親は道端をモデルにするために並々ならぬ努力をしており、身長を伸ばすためにお菓子を禁止して野菜と肉を大量に食べさせたり、筋肉が固くなる運動や体幹が崩れる運動を禁止したりしていました。

またその努力が外に向くこともしばしばあり、学校の授業で正座を強いられたときはPTAに抗議をしたり、トゥシューズを履くと筋肉がついて身長が伸びなくなるからという理由でクラシックバレエを途中でやめたりするなどしました。

しかし道端は大好きな水泳だけは中学校入学まで続けることが出来たこともあり、比較的不満はなかったのです。

その甲斐あって道端はわずか15歳で「THE LOOK OF THE YEAR」の日本代表に選出されました。

ちなみにこのコンテストはエリート・モデル・マネジメントという世界規模で活躍しているモデルエージェンシーが主催しており、グローバルモデルの登竜門という立ち位置にあります。

道端はスペインのイビサ島で行われている世界大会にそのまま出場しました。

それで自信をつけた道端は中学校卒業後にすぐに上京することを決め、高校には進学せずにモデル活動に専念することをしました。

またその時にモデルエージェンシーが妹のジェシカをスカウトし、ジェシカも同じタイミングでモデルデビューを果たしたのです。

旦那との関係

道端は2004年に長男を出産し、3年後の2007年に次男を出産しています。

しかし結婚はしておらず、シングルマザーとして子育てに臨んでいるのです。

本人が語るには「結婚という型にはめられたくはないという気持ちが強かった。」とのことであり、本人の型破りな性格が分かります。

子供の父親が誰なのかにはネット上でも様々な説が流れており、一時期は元カレの伊賀大介なのではないかという噂が流れたこともありました。

しかしこのことを道端は明確に否定しており、現在では一般男性なのではないかという説が濃厚です。

また道端は子育て中に一時期激太りをし、体型の崩壊に悩みました。

しかしNHKのラジオ体操を毎朝することで体型を回復させ、出産前と変わらぬプロポーションを維持したのです。

現在では後述するトライアスロンや、週に3~4回のスイミングで4000~4500メートルを泳ぐなどの運動をすることによって現役時代と変わらぬ美貌を維持しています。

現在

道端は出産を機に活動の幅を広げており、美容や子育てなどと言ったジャンルの講演活動を行ったり、ファンと直接触れ合うトークショーを行ったりしています。

そんな道端の人生の転機となったのが2011年のホノルルマラソンです。

道端はテレビ番組の企画の一環としてホノルルマラソンに出場し、5時間50分で完走しました。

しかし道端は練習不足もあってか、半ば満身創痍でマラソンを踏破しており、決して満足いく結果ではなかったのです。

そのため道端はホノルルマラソンのリベンジをするために毎日ランニングをするようになり、いつしか走ることの魅力に取りつかれていました。

そんな中、道端はトライアスロンに出会い、自分がもともと好きだったスイミングと練習しているランニングを同時に出来ることもあって挑戦しようと考えるようになりました。

道端は2012年にマリアナ諸島でのトライアスロンに参加したことを皮切りに、様々なトライアスロンへの参加を重ね、徐々に実力を高めていきました。

2016年には長崎西海トライアスロン、 中土佐タッチエコトライアスロンで女子総合優勝を果たすなど、今ではトライアスロンの選手としても名をあげています。

2018年には股関節唇の損傷により手術を受け、一時期は選手生命が危ぶまれました。

しかし翌年には復帰を果たして、京都丹波トライアスロン大会in南丹や太平洋トライアスロンinいわきなどで女子総合優勝を果たすなど、現在でも活躍を続けています。

いかがでしたか?

道端が小学生時代からモデルを目指して過酷な生活をしていたことは有名でしたが、本人がそれを受け入れていたのは意外でしたね。

コロナ禍が終わったらトライアスロンの大会もたくさん開かれますので、是非道端には自粛の鬱憤を晴らすような活躍をしてほしいです。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!