フォークで一世を風靡した歌手、マイク眞木。

そんな彼ですが、一言では語れないような波乱万丈な軌跡を辿ってきました。

今回はそんなマイクの人生について振り返っていきたいと思います。

プロフィール

本名 眞木 壮一郎

生誕 1944年4月27日

出身地 東京都港区赤坂

学歴 日本大学藝術学部放送学科

ジャンル フォークソング

職業 歌手・俳優

活動期間 1966年 –

レーベル 日本フォノグラム

マイクは舞台美術家で衣装デザイナーの真木小太郎の息子として生を受けました。

真木家の開祖である真木景信は水戸藩に3000石で仕えた武士であり、妻は水戸黄門として知られている徳川光圀の妹でした。

その縁もあってかマイクの本籍地は茨城県水戸市にあり、後に水戸大使に就任しました。

マイクは小学生時代、舞台美術家の父の影響もあってか模型作りが好きであり、部屋中にプラモデルが展示されていました。

中学生になるとマイクは音楽にもハマりだし、大のドリフターズのファンになりました。

しかし模型作りにも引き続きハマっており、高校生の頃はTBSにて特撮のバイトをして模型の勉強をしていたほどです。

マイクはこの頃には舞台製作か音楽のどちらかの仕事に就こうと決心しており、大学も双方について学べる日本大学芸術学部を選択しました。

そこでマイクはサークル活動の一環としてモダン・フォーク・カルテットを結成したのです。

マイクは大学生活のほとんどをフォークに注ぎ込んだと言っても過言ではないほどフォークに熱中しました。

1966年、マイクは「バラが咲いた」にてデビューを果たし、一躍30万枚の大ヒットを記録しました。

この曲のレコード・ジャケットには「日本のモダンフォークがうまれた!」というキャッチフレーズが書かれていましたが、この大ヒットによってフォークブームが生まれ、マイクはその先導者となりました。

そのヒットもあってマイクは年末の紅白歌合戦に出場を果たし、東京宝塚劇場で熱唱しました。

その翌年にマイクはザ・ブロードサイド・フォーのメンバーと共にザ・マイクスを結成し、1年近くの間バンド活動を続けました。

そこでマイクは「野ばらの小径/ランブリン・マン」と「星空のマサチューセッツ/夢の牧場」というシングルを発売し、それなりのヒットを収めました。

1971年、マイクはNHK総合の音楽番組「ステージ101」に司会者として抜擢され、さらに番組のオリジナルソングも全部自分で作詞作曲するなど大活躍をしました。

そこでのオリジナルソング「のんびり」は後にモービル石油のCMソングに採用されて大ヒットしたのです。

またマイクは同年に東京映画の「凄い奴ら」にて映画デビューも果たし、その翌年の1972年には朝日放送の「必殺仕事人」にてドラマデビューも果たすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

息子との関係

マイクは恋多き人物であり、幾度となく結婚と離婚を繰り返しています。

最初の結婚相手は女優の前田美波里であり、夫婦で「ステージ101」の司会を務めたりしていました。

二人の間には一人子供がおり、それが俳優の真木蔵人です。

その後、マイクは前田と離婚して一般女性と結婚し、プロサーファーになった真木勇人、同じくプロサーファーになった真木泰人ら3人の子供に恵まれました。

マイクはまたもや離婚し、現在は元歌手の和田加奈子と結婚しています。

和田との間にも娘が一人生まれており、その時マイクは58歳でした。

この年齢故にマイクは様々な苦労をしたとのことであり、トーク番組などにて「祖父と孫に間違えられることが多い」ことや「体力が無くて娘との公園遊びについていけない」などの気苦労を語っています。

また蔵人も真木と同じタイミングで同じく娘が生まれており、同じ幼稚園の同じクラスに叔母と姪が同時に在籍するということもありました。

マイクは息子の蔵人とは1999年の「救急戦隊ゴーゴーファイブ」にて共演し、その独特の親子関係は共演者を驚かせました。

現在でもマイクと蔵人の関係は良好です。

現在

その後もマイクは精力的に活動を続けており、1992年にはモーター新党から参議院選挙に出馬したこともありました。

なお選挙結果は全国で211,514票を獲得したものの議席を得ることは出来ず、国政挑戦の夢は潰えました。

2022年現在でも精力的に活躍しており、最近ではテレビ新広島「西村キャンプ場」に出演しました。

そこではバイきんぐ西村が番組のテーマソングとなっていた「キャンプだホイ」の公認を得るためにマイクを訪れるというものであり、二人でキャンプを楽しんでいる内容です。

マイクはキャンプ歴が70年以上という事もあり、西村からキャンプの大先輩と言われていました。

いかがでしたか?

マイクが高校時代TBSで特撮のバイトをしていたことは少し意外でしたね。

あそこまで複雑な家庭にも関わらず息子との関係が良好なあたり、真木がいい父親であったことが窺えます。

マイクのこれからの活躍には目が離せません。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!