「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録に認定された、みのもんた

毎日のように、朝も昼も夜も見ないことはないくらい人気司会者だった彼ですが、現在はあまり見なくなりました。

みのもんたの現在とは…。

プロフィール

みのもんた 本名・御法川 法男(みのりかわ のりお)タレント・アナウンサー・実業家。

1944年8月22日生まれ、東京都出身。

A型。

1967年、文化放送に入社。なお、就職先の第一志望はTBS(東京放送)だったが採用試験で不合格となり、同年TBSに入社した久米宏を、長年に渡り常に意識していたと再三語っている。

初めの2年弱は研修として、同じフジサンケイグループの産業経済新聞社に通っていた。

文化放送での初めてのレギュラー番組は『ゲリラでいこう』(15分番組)。

そして『セイ!ヤング』の初代パーソナリティ(1969年6月 – 1973年3月まで担当)に抜擢される。

1979年9月に文化放送を退社。

文化放送退社後は、父親が経営する水道メーター製造・販売会社「日国工業」に入社し、10年間全国を営業で回った。

その間、フジテレビに声を掛けられ、『プロ野球ニュース』の週末版で雨が降って野球が中止になると、MLBのビデオを流し、それに「よっ、真っ黒に日焼けして」などとナレーションを入れた所、これが当たる。

1989年4月、『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ)の司会を担当。

1999年10月、父親が経営する「日国工業」を受け継ぎ(それまでの自身の個人事務所「オフィスモンタ」を合併し、現在の「ニッコク」に社名変更)、代表取締役社長に就任。

フリーアナウンサーとして『1週間で最も多く生番組に出演する司会者』のギネス記録を保持している。

目がおかしい!?

テレビ出演する機会がめっきりと減った、最近のみのもんたさん。

久しくテレビで見ていないなと思ったら…

現在のレギュラーは、『秘密のケンミンSHOW』1本になっていました。

そして、最近のみのもんたさんは出演している番組でも、全くと言っていいほど喋らず、存在感がないともいわれています。

みのもんたの「エブリケンミン、カミングアウト!」の掛け声でおなじみの『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』。全国各地の独自グルメ、習慣、方言などを取り上げるこの番組は放送12年目を迎えるご長寿バラエティーとなっている。

その番組の中で、最近顕著なのが、みのもんたのおじいちゃんぶりである。番組スタート当初は、好奇心丸出しで各地の珍味に「これ、ホントにおいしいの?」と突っ込みを入れたり、美人ゲストが出るたびににやにやと「夜のおじさん」モードを出していたが、今はすっかり「いい感じのシニア」モード。顔の艶よりも赤味を帯びた血色のよさが目立つのである。だいたい、オープニングの「エブリケンミン~」の掛け声にしても、元気のいい時とそうでない時のムラがある。これはアナウンサー時代にはなかったことだろう。

さらに最近は、同じく司会を務める久本雅美に言われたい放題。先日、「鹿児島弁」の話題の際には、着物姿ですっかりクラブのママみたいな国生さゆり(鹿児島県出身)が、ムードたっぷりに「こんボトルを入れくいよったとは、おまんさんあね?」(このボトルを入れてくれたのは、あなたですか)と地元言葉で語りかけると、みのは口を開いたまま、うれしそうにうっとり。すかさず久本からは「恍惚の人みたいな顔になっちゃって」と指摘されていた。さすが久本、みんなが言いたいことをズバッと言って、かゆい背中をかいてくれる。

青森の「つゆ焼きそば」を食べれば「つゆに顔を突っ込んでた」と言われ、愛知の「天むす」を食べれば光浦靖子に「道に迷ったら食べてください」と言われる。一昔前だったら、決して言われなかったことを言われ続けるみのもんた。でも、なんだか幸せそうなのである。

そう思ってよく見れば、番組中はほとんど腕組みをして上を向き、時折、ゲストたちのコメントに大笑い。しかし、各地のイケメンを探す企画「男前祭り」には、ほぼ興味ないのか、このコーナーに熱心な久本に完全に預けてしまう。久本にやりたい放題させているように見えて、実はみのもまたやりたいことをやっているのである。

各地のグルメをさまざまな世代のゲストたちと試食する場面では、みのおじいちゃんを中心に大家族が食卓を囲んでいるようにも見えてくる。身内のことなどでいろいろあってしんどい時期もあったに違いないが、それでも地上波では、この番組だけ継続した。それは正しい選択だった。

ただし、ネットでは『みのもんたのよるバズ!』を続け、完全に「ご隠居」とはいえないところも、またみのらしい。いつか、シニアモードは世を忍ぶ仮の姿でしたー!とカミングアウトして、地上波でもみの節を復活させ、「みのもんたの逆襲」を始める可能性も十分ある。眉毛が白く長く伸びようと、それがみのもんたである。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

さらに「目がおかしい!?」との声もありました。

一時は、朝から晩まで何かしらの番組に出ていたみのもんたさんですが、一体どうされたのでしょうか。

さて、みのもんたさんの目について調べて見たところ、こんなことがわかりました。

みのもんたさんの目ですが、不自然な膜が張ったような感じや黄色がかった感じというもの、それはお酒の飲みすぎではないかということです。

お酒により肝臓に影響があり、目の白目部分が濁ったように黄色ががってしまうのは、肝臓の機能が低下しているか、または、肝臓に何らかの異常が起きているサインとのことでした。

以前からお酒好きと報道されていましたし、高級なウイスキーを一気飲みしていたというエピソードもあるようです。

うつ病疑惑

みのもんたさんには、「うつ病疑惑」も浮上しています。

それは、自身や身内の不祥事が重なりうつ病になってしまったというのです。

その一つは、みのもんたさんの息子の起こした事件で、窃盗未遂容疑で逮捕され世間を驚かせました。

この事件に対し、みのもんたさんは「家族とはいえ、もう30を過ぎた男の別の人格」とコメントそれに対し、無責任な態度に批判が集中しました。

その後、会見を開き前回の発言について謝罪しましたが、息子さんに対し相当甘やかして育ててしまったようです。

逮捕前には、銀座の高級クラブで豪遊させたり、慶應大学も幼稚園から入学させ、その入学の際には多額の寄付金をしたそうです。

もはやワイロですよね。

さらに、日本テレビの社員になれたのも、コネ入社と明らかさにされています。

このことにより、みのもんたさんは報道番組などレギュラー番組を自粛、降板されました。

そしてもう一つは、自身のセクハラ問題です。

レギュラー番組だった『朝ズバ』にてTBSアナウンサー吉田明世さんに対し、CM明けにお尻を触っているところが放送されています。

これは明らかですよね…。

このセクハラ問題は、以前から他の番組のアシスタントなどにもあり、話題になっていましたがこれも、降板の原因になったともいわれています。

どちらにしても、原因は身から出た錆ということになるのでしょう。

現在の年収

現在、みのもんたさんのレギュラー番組は『秘密のケンミンSHOW』のみとなっています。

みのもんたさんの現役だった頃の年収は、9億以上といわれていましたが以前のように、現在は帯番組などをもっていないので、その時よりはだいぶ減収しているようですが、自身の父親から引き継いだ会社も経営していますし、今でもそれなりの収入があると思われます。

噂には、今現在も年収4億とも5億ともいわれています

しかし、そんなみのもんたさんですが…司会者などで自身の意見を発言することが、生きがいだったようです。

確かに、自身も好きな仕事だったからこそ、人気司会者になりギネスにも登録されるほどになったのでしょう。

ですから今現在も、また報道番組や情報番組に出演したいと願っているようですが、やはりかなりのマイナスイメージがついてしまった今、どの番組、テレビ局もオファーはないようです。

あえて、わざわざケチがついた人を起用しないですし、多くのプラベートを暴かれている危ない人材を、そこまでして抜擢はしないでしょうね。

ギネスブックにも登録されるほど、毎日のようにテレビ出演していたみのもんたさん。

自身の不祥事が原因で、相変わらずうつ疑惑も消えていませんが、そんな中でもレギュラー番組をまだ一本持っていらっしゃいます。

さらに、経営者としても成功されていて、年収もかなりの金額を稼いでいる様子。

世間の厳しい目が緩んできた頃を狙い、また活躍されるかもしれませんね。