元プロ野球選手の黒田哲史と離婚した新山千春

女優やタレントとして活躍していましたが、離婚したあたりから、あまりテレビで見かけることは少なくなったとの噂も。

その原因は、離婚理由にある?!

現在の姿も話題に!!

プロフィール

新山千春(ニイヤマ チハル)女優・タレント。

1981年1月14日生まれ、青森県出身。

B型。

中学校在学中の1995年、第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンの審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界入り。

1996年の映画「お日柄もよくご愁傷さま」でデビューした。

テレビ朝日『タイムショック21』の司会を中山秀征と務めた。

他に過去の主な番組は『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』・『嗚呼!バラ色の珍生!!』アシスタントなど。

1998年、プレイステーション用ゲーム『ユーラシアエクスプレス殺人事件』に榎本加奈子、深田恭子らと出演。

1998年から2000年までセブン-イレブンのCMに出演。

2001年、東宝映画『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に主演。

2002年、『ドラえもんのび太とロボット王国』(ジャンヌ女王役)で声優に初挑戦。

2004年、『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション』では所属事務所の後輩・載寧龍二と共演。

更に今井雅之監督の『すっぴんぶるうすザ・ムービー』にも出演。

また読売ジャイアンツ所属(当時)の黒田哲史(現・埼玉西武ライオンズ一軍打撃コーチ補佐)との婚約を発表、同年12月結婚。

2006年2月16日、妊娠5ヶ月であることを発表。

同年7月12日、第1子である女児(小春)を出産。

2010年1月、青森市観光大使に委嘱される。

2014年12月29日、自身のブログにて、黒田との離婚を発表。

離婚理由

新山千春さんの元旦那様は、当時読売ジャイアンツに所属していた黒田哲史さんです。

新山千春さんと黒田哲史さんは、2004年12月にご結婚され、2006年には第一子である長女小春ちゃんを出産されています。

そんなお二人は2014年12月29日、離婚を発表。

その離婚理由は、すれ違いが原因と新山千春さんは語っています

それは20時過ぎには、夫である黒田哲史さんが就寝してしまうらしく「他の夫婦の話を聞くと、ご主人とワインを飲んだり今日あった出来事などを語り合う場があるらしく、羨ましいと思っていた」と、新山さんは不満を抱えていたことを吐露しています。

ですが、野球選手として体調を整えるためでは?と炎上してしまいました。

さらに、現役引退を決めてからの離婚ということで、金の切れ目が縁の切れ目みたいにしかみえないなどの意見もあり、結局夫婦生活の擦れ違いや金銭面と、一般的な離婚理由と思われていましたが、真相は別にあるとされています。

どうやら、お互いに浮気をしていたというのが真相のようです。

新山さんは、2009年から2010年ごろ美容師の朝日さんという方と2013年には、清水良太郎さんと浮気をしていたようです。

そして、黒田さんもモテる方で、浮気をしていたとの情報があり、双方が浮気をしているようでは夫婦生活が破たんしてもおかしくないですね。

現在の姿

新山千春さんのデビューした当時は、たちまち人気になるほどそのルックスが評価されていたのですが、2014年ごろから2015年にかけて劣化したと言われているそうで、さらに、現在の姿が違いすぎるとの噂も囁かれています。

一体、どういうことなのでしょうか。

こちらが現在の新山千春さんの姿ですが…

確かに顔が変わったと言われれば、別人に見えるくらいに変わったかも?という感じくらいに変化しています。

その印象は、目のあたりが大きくなっている気がしますね。

そして、以前より鼻筋も通っているような気がします。

ヒアルロン酸を入れる程度のプチ整形をしているという疑惑も。

目については、切開でもしたのでしょうか?

本当のところはわかりませんが、いずれにせよ美貌は相変わらずで、劣化というよりは、きれいに年齢を重ねているだけのように思えます。

メイクや画像を加工していてるかもしれませんが、それにしても以前の彼女のイメージとは違う雰囲気になっていますよね。

タレントやグラビアアイドルとして活躍していた新山千春さんですが、結婚後は夫である黒田哲史さんのサゲマンとまで呼ばれてしまいます。

そして、度々ブログの炎上が続き、主婦層からは嫌煙されるようになってしまいました。

さらに2度の不倫疑惑で、イメージはすっかり悪くなってしまいました。

今後は、もっと別の形で活躍して欲しいですね。