最初に結論!めちゃイケで活躍した三中さんの逮捕やあいのりメンバー入りの噂はガセで、現在はお笑い芸人として様々なオーディションや舞台に立っているようです。

フジテレビ「めちゃイケ」のレギュラーオーディションにて唯一素人枠で合格した三ちゃんこと三中元克さんですが、めちゃイケを卒業されてからその姿を見ることはほとんどなくなってしまいました。

そんな三ちゃんですが、逮捕やあいのりメンバー入りなんて噂も出ておりますが、いま現在は何をしているのでしょうか。

三ちゃんの現在に迫ってみたいと思います。

三中元克の経歴

三ちゃんは2010年にフジテレビの人気バラエティ番組「めちゃイケ」が行った新メンバーオーデションに唯一の素人枠で合格し、新メンバーに選出されました。

元々「めちゃイケ」のファンであり、特にナインティナインの岡村隆史の大ファンであることを当時のオーディションで公言し、岡村さんがめちゃイケの企画で着用していたジャージを模して自ら作った青いジャージがトレードマークとなっています。

めちゃイケメンバーとして様々な企画に参加していた三ちゃんですが、2014年に新企画でみちのくプロレスに入団をさせられ、プロレスラーを目指すという企画が始まりました。

しかしそのあまりの過酷な練習や人間関係の悪化などで企画を嫌がり、寄宿先から2度脱走をしてしまい、企画の続行が不可能となりこの企画はお蔵入りとなってしまいました。

その行動に各所に迷惑をかけたこと、そしてメンバーからの大きな不信感を買ってしまい、視聴者参加型のオーディションを再度行うことになりましたが、投票の結果不合格となり、めちゃイケを降板することになってしまいました。

クビの本当の理由

残念ながらめちゃイケをクビになってしまった三ちゃんですが、実はクビの原因は他にも色々と噂されています。

一つは番組スタッフへの態度がとても悪かったというものです。

なんでも三ちゃんは靴紐を結ぶことが出来ないらしく、めちゃイケのAP(アシスタントプロデューサー)が三ちゃんの靴紐を結んであげたにも関わらず、感謝の言葉を述べることもなかったらしいです。

日頃からスタッフを上から見ていた三ちゃんに岡村さんも注意をしたようですが、その態度はなかなか変わらなかったようで、かなり評判が悪かったようですね。

またみちのくプロレスの企画では脱走だけではなく、高校の同級生とお笑いコンビを組み、番組に何の相談もなく芸能事務所に履歴書を送り、そのネタ作りのため企画は続けられないと頑なに企画を拒んだことも大きな原因のようです。

そのあまりに自分勝手な行動は企画をお蔵入りさせ、メンバー、そして視聴者からも大きく批判を受け、結果再オーディションで不合格となり卒業となってしまいました。

続きは次ページから!!