ジュノンボーイから芸能界デビューをしてイケメン俳優として活躍をしていた山本裕典さんですが、2017年に突如所属事務所から解雇され事実上の芸能界引退と報じられました。

「仮面ライダーカブト」で一躍有名となり若い女性から人気の俳優でしたが、女性スキャンダルなど報じられることが多く、何かと素行を問題視されることが多々ありました。

しかしなぜ所属事務所から突然解雇されてしまったのでしょうか。

そして解雇された現在は何をしているのでしょうか。

今回はそんな山本さんの解雇の真相、そして現在何をしているのかについて迫っていきたいと思います。

プロフィール

山本裕典さんは2005年のジュノンスーパーボーイコンテストで準グランプリを獲得し、芸能界入りをしました。

2006年に「仮面ライダーカブト」の仮面ライダーサソード役で俳優デビューし、その後は「花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜」や「桜蘭高校ホスト部」などイケメン俳優として様々なドラマや映画に出演しました。

バラエティ番組にも多数出演しており、そのイケメンぶりから女性ファンはもちろんのことファッションセンスも高く男性ファンも多い俳優でした。

しかし度々女性とのスキャンダルを報じられることがあり、元AkB48の前田敦子さんとの熱愛やキャバ嬢お持ち帰りのベッド写真が流出したりと素行の悪さを度々問題にされてきました。

かなりの女性好きで有名であり毎日のように六本木のキャバクラで遊んでいたという話があるほどで事務所からも強く注意を受けていたと言われています。

そして2017年3月、事務所に無断でバーの経営をしていたとして所属事務所であるエヴァーグリーン・エンタテイメントから解雇され、事実上の芸能界引退となってしまいました。

実家は金持ち?

山本さんは実は実家が金持ちだという噂があります。

しかし実際には山本さんの実家の情報はどこにも出ていないようで、本当に金持ちなのか真相はわかりません。

ただ山本さんはとてもお金にケチな芸能人ということで有名だったらしく、なんでも自分の携帯代やコンタクレンズ代を実家の母親に支払ってもらっていたらしいです。

俳優として成功しておりお金には恐らく困っていなかったかと思いますが、携帯やコンタクト代程度のお金を母親の財布から支払っていたというのは驚きです。

これは山本さんが2011年にA-studioに出演した際に語っていたエピソードで、恐らくですがこのエピソードがきっかけで実家が金持ちという噂が立ったのではないでしょうか。

自分で仕事をして稼いでいるにも関わらず親に払ってもらっていたとなると、確かに金持ちのボンボンなのかなと思ってしまいますね。

また事務所を解雇になった後も都心の高級マンションに住んでいるらしく、それも噂の原因の一つなのかもしれませんね。

実家が金持ちかは分かりませんが、山本さん自体はかなりお金を持っているようですね。

引退理由

イケメン俳優として活躍をしていたはずの山本さんですが、2015年以降からはすっかりテレビで見ることは少なくなり一気にメディアから消えてしまいました。

そこには先述した女性とのスキャンダルが大きく関係していると言われています。

2014年にキャバクラで知り合った女性をお持ち帰りし、その女性がツイッターで山本さんとホテルで寝ている写真をアップしてしまい、フライデーに報じられてしまいました。

山本さんは結婚をしているわけでもないのだから山本さんには非がなく写真をアップした女性が悪いという意見もありましたが、元々女性関係でのスキャンダルが度々されておりその素行を問題しされることも多かったため、イメージが悪くなってしまい干されてしまったと言われています。

このような不祥事が重なり、結果的に事務所からの契約解除になったと思われます。

「演技には熱や本気度が必要。(山本は)それが(同事務所の)社長が求めるレベルになかった。社長としてはもっともっと意識を高く持って欲しかった」という理由からだったそうである。この言葉通りに考えるなら、事務所社長は山本の演技に熱意を感じられなかったため、解雇という結論を出したということになるのだろう。

出典:https://wezz-y.com

しかし、理由は女性関係だけではなかったとの噂も…

山本は東京・港区にあるバーを友人とともに経営、近辺のキャバクラ経営にも関与していたりと“副業”を行い、いわゆる<裏バイト>に精を出していたとされており、こうしたプライベートが解雇理由ではないか、と複数の週刊誌が報道したのだ。

出典:https://wezz-y.com

芸能人はイメージ商売でもあるので、特に女性ファンの多かった山本さんが女性関係でだらしないと思われてしまうのは大きなイメージダウンですね。

結果イメージが下がってしまいテレビで使いづらくなってしまい、徐々にその姿を見ることがなくなってしまったようですね。

現在の仕事は?

事務所を解雇となった現在、仕事はどうされているのでしょうか。

解雇となってからはあるバーの経営をしていたようです。

また1店舗だけではなく複数の飲食店の経営に携わっているようで実業家として仕事をしていたようです。

解雇後、山本さんはインタビューに答えており、事務所に所属していた時は親友に経営資金を渡し実際の経営はその親友に任せており、渡した経営資金は返してもらったようですが、給料はもらっていなかったようです。

しかし、取締役という立場になり飲食店を複数経営する実業家になったようです。

ただ真相は定かではありませんが経営しているバーがうまくいっていないという噂もあり、早くも芸能界復帰を狙っているという話もあります。

実際に、2018年8月6日には、個人事務所を立ち上げることをインスタで発表しました。

「今後、役者として、タレントとしてアーティストとして山本裕典のペースで頑張っていきたいとおもいます」「個人での活動なので、距離感をもっと近い存在でいたいです(原文ママ)」など心境をつづり、ホームページを立ち上げたことも告知している。その後は各地のクラブイベントにDJとして出演することの告知がいくつか続いた後、12月20日には「(2019年)3月に舞台が決まりました」と知らせ、「またお芝居ができる事嬉しいです」「芝居をしている俺を待ってくれているファンの方々の為にも全力で向き合っていきます」と投稿している。

出典:https://wezz-y.com

そんな彼が、芸能界に存在する暗黙の了解である事務所からフリーになったら2年は復帰できないルールから解き放たれ、正式に2019年3月に上演される舞台『となりのホールスター』で完全復帰となる。

しかも、いきなりの主演ということでかなりの意気込みが感じられます。

現在の活動としては、主にクラブDJとして東京・名古屋・大阪など各地を転々としているようです。

芸能界復帰

今は俳優という仕事ができることに喜びを感じているようで…

「今、思うと休む前までは感謝の気持ちが薄れていたような気がします。今はどんな仕事も誠意を持って向き合っている」と正直に明かす。「そう考えると2年、休んでよかったな、と。あのままズルズル行っていたら、本当に仕事がなくなったかもしれない、とんでもない人生を歩んでいたかもしれない。今は守るべき仲間もいるし、仕事やファンのありがたみを感じています」と休業を前向きにとらえた。

「舞台は見てくれた方を絶対に満足させる。今回、来られなかった人も、また舞台はやっていきたい。サビついていないところを見せたい」と話し「久しぶりの舞台で少し緊張はすると思うんですけど、温かい目で見てほしいです」と呼びかけた。映画に関しても「監督さんに『大丈夫ですか』と聞いたら『逆に緊張感を持ってやってくれるだけで、役とピッタリ合うから』と。気持ちはだいぶ楽になりました。5月ぐらいに公開なので、舞台に来られない方はスクリーンで見ていただけたら」とした。

期待と不安の比率も聞いた。山本は「なんの不安もない」と間を置かずに応える。「やることはいっぱいあるので。今ある仕事を一つひとつやっていくだけ」。力強い言葉に俳優という仕事に再び向き合う決意を感じさせた。

出典・・・https://headlines.yahoo.co.jp

このように語っています。

イケメン俳優として高い人気を誇っていた山本さんですが、女性とのスキャンダルや無断でバーを経営していたとして所属事務所を解雇されました。

一時期は複数の飲食店を経営する実業家に転身しておりますが、芸能界復帰という形になりました。

今後も山本さんの動きに注目ですね。