前田敦子といえば、AKB48の不動のセンターとして有名でしたが卒業後は、自身の夢でもあった女優としての道を歩き始めています。

順調に見えた女優業も、最近の彼女は仕事が激減し、その風貌も変化したと話題になっています。

そんな彼女の現在は一体??

プロフィール

前田敦子(マエダ アツコ)女優・歌手。

1991年7月10日生まれ。

千葉県出身。

A型。

アイドルグループ・AKB48の元メンバーで第1期生。

愛称は“あっちゃん”。

ほとんどのシングルでセンターを務めた“絶対的エース”で、“神7”の1人としてグループを牽引。

2005年10月30日、『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格。同年12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立つ(旧チームAに所属)。

2007年4月、映画『あしたの私のつくり方』で女優デビュー。同年10月、『スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜』(関西テレビ)でテレビドラマ初出演。12月31日、AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場。

2008年1月、『栞と紙魚子の怪奇事件簿』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演。

2009年、『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』で1位となりメディア選抜に選ばれる。

2010年、『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』で2位となり、メディア選抜に選ばれる。

同年9月、『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』で15位となり、初めてメディア選抜から漏れる。

2011年、映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で初主演し、挿入歌のシングル「Flower」でソロデビュー。

2012年8月、AKB48を卒業。

太った!?

AKB48を卒業した直後、今までのセンターなどでのストレスに解放されたのか、前田敦子さん本人も少し太ったことを認め、ダイエット宣言されました

何度かリバウンドはあったようですが、最近顔がすっきりした?綺麗になった!と話題を呼んでいます。

アイドル時代とはまた違ったセクシーな一面も見せており、女優としての評価も上昇しているようです。

そんな彼女がどのようなダイエットを行ったのか、チェックしてみました。

①朝食を豪華に!

料亭並みの朝食をバランスよく毎朝食べること、しっかり摂ることで体質も変わってくるのだそう。

②炭酸水

炭酸水をお腹がすいたら間で飲んだりしている他、お風呂の中で飲んだり、湯船に入れて炭酸風呂を楽しむこともあるそうです。

③トマト

お腹がすいたらおやつにトマト、夜食にトマトとすることも。

今の時期のトマトは最高ですね。

A post shared by atsuko (@atsuko_potts) on

④生大根

生大根は一回約300g、輪切りなら6㎝以上を目安に食べるのだそうです。

⑤運動

ジム通いをされているそうで多いときで週3回、他にもヨガなども取り入れており、卒業後は自分のペースで無理なく身体を動かしているそうです。

⑥ジュースクレンズ

有名モデルも行なっている方法で、1日5~6本のコールドプレスジュースを食事がわりに取るというもの。

このことにより、以前よりさらに美しくなった前田敦子さん。

プロ意識が高くさすが不動のセンターと言われた彼女ですね。

続きは次ページから!!