ももちこと嗣永桃子さんはその持ち前のキャラクターで多くのファンを魅了したアイドルでした。

今年6月に惜しまれながら引退しましたが、その人気は衰えるところを知りません。

さて、アイドルを引退したももちですが、現在はどういった生活を送っているのでしょうか?

また、引退した理由についても新しい情報が入りましたのでご紹介いたします。

嗣永桃子の経歴

名前:嗣永桃子(つぐなが ももこ)

ニックネーム:ももち、もももちゃん、ぴーちっち、もも、ももち先輩等

誕生日:1992年3月6日

出身:千葉県

血液型:O型

職業:歌手、アイドル、タレント、女優

経歴:

ももちは2002年にハロー!プロジェクト・キッズオーディションに合格し、ハロー!プロジェクト・キッズの一員となりました。

その年の冬には映画「仔犬ダンの物語」で主人公「森下真生」役を演じ、以外にもアイドルではなく、女優業が活動の先駆けでありました。

歌手としては2003年に、当時モーニング娘。だった矢口真理や同じハロプロキッズだった梅田えりか等6人とともにZYXとしてデビュー。

また翌年にはBerryz工房の結成メンバーとなってメジャーデビューを果たしました。

2007年にはBuono!のメンバーに選抜されて2009年2月に行われた「Buono!ライブ2009~ハイブリッド☆パンチ~」でBuono!の公式リーダーにもなりました。

2010年には番組内で大学に入学したことを公表すると同時に、子どもが好きで、将来は保育士になりたいと将来の夢を語っていました。

その後2012年には教育実習を終えた事をブログで報告し、さらに2014年には無事大学を卒業。

見事幼稚園と小学校教育職員免許を取得しました。

ちなみに卒業論文は障害を待つ人々による意思伝達問題について論じており、アイドルの顔とはまた別の、弱者に優しく志が高いももちを見ることができました。

そんな公私共に順風満帆なももちでしたが、2015年10月には声帯にポリープが見つかりましたが、治療に専念するためとはいい、1週間ほどしか休養を取らず、再度復帰しています。

2016年の11月にももちが来年の引退を発表し、ファンを悲しませました。

そしてついに2017年6月30日に青海野外特設会場にて「嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち」が開催され、大熱狂で終わりました。

引退の理由は?

さて、ももちはまだまだ芸能界でやれたと思うファンも多かったのではないのでしょうか?

ももちがこんなにも早く芸能界を去る決断をしたのは一体なぜなのでしょうか。

まず、大きな理由としては、アイドルと同じくらいに子供が大好きだったということが一つ。

また、ももちは後輩のユニット、カントリー・ガールズのプレイングマネージャーとなった際、後輩たちをなんとか一人前にしようと教育をしていた所、教育という分野がとても好きだと感じたそう。

よって、子供好きと教育が好きという二つの要素が重なり、幼稚園教諭を目指したいという気持ちが強くなったのだそうです。

自分の進みたい将来が見付かったので、その将来に向かって前進したのが芸能界引退の要因だったと言われています。

しかし、この引退理由とは別に、ある別の要因が絡んでいるという噂もあります。

それはアイドル「ももち」のキャラクターを維持するのがきつくなってきてしまったこと

実は以前ももちと同じユニットのメンバーが、ももちの持ち前の独特なキャラは事務所と一緒に作り上げたものだと暴露しています。

また、ももちのマネージャーはかなり厳しい人だったらしく、何時間も反省会をしたり、厳しく指導したりすることも少なくなかったといいます。

ももちのマネージャーを知る菊池亜美さんも「ももちのマネージャーはしぬほど怖い。ももちが怒られてるのを横で見て私が泣きそうになった。」と言うくらいだったそうです。

真相はどうあれ、ももちは最後まで弱音等を吐かず、アイドルの理想を追い求めていたかなりストイックな女性だったには間違いありません。

続きは次ページから!!