独特の話し方と、会話の合間にペロッと舌を出したり、頬を膨らませる仕草で知られるタレントのローラ

そして抜群の容姿で、モデルとしても活躍。

CMやバラエティでもよく出演していた彼女ですが、最近は海外へ活動拠点をおいている様子。

プロフィール

ローラ モデル・タレント・女優・歌手。

1990年3月30日生まれ。

東京都出身。

B型。

“ローラ”という名は米国のテレビドラマ『大草原の小さな家』の登場人物「ローラ」に由来する。

父はバングラデシュ人。

母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。

2007年、『Popteen〔ポップティーン〕』誌上で読者モデルとして活動。

以降、同誌での活躍を機にモデルとして注目されオファーが増える。

2008年、雑誌『ViVi』の専属モデルを務める。

2010年6月、バラエティ番組『しゃべくり007』にゲスト出演し、それをきっかけとしてバラエティ番組への出演が増加。

2011年、出演番組数を前年の38本から約5倍の200本に増やし「タレント番組出演本数ランキング」のブレイクタレント部門で4位。

2012年4月、バラエティ番組『笑っていいとも!』にレギュラー出演。

年を通して多くのバラエティテレビ番組出演を重ね、各所で披露した“オッケー”というセリフが流行語として認知される。

フランクな口調で接するキャラクターで話題になり、多くのバラエティ番組で活躍。

活動は海外がメイン!?

ローラさんはタレント、ファッションモデルに女優、歌手と幅広く活躍されて、テレビで見ない日はないくらいの売れっ子でしたが、最近は以前より露出が減少した様子。

以前ローラさんはテレビ番組の取材で、歌手になりたいという夢を叶えるために活動をセーブしていると明かしていましたが、いつの間にか活動は海外進出していました。

ローラさんは、2016年12月23日公開のハリウッド映画 「バイオハザード: ザ・ファイナル」に出演し、話題になりました。この映画出演で、ローラさんはハリウッドデビューしましたが、このオーディションを受けるために、かなり英会話を勉強したようです。
日本で生まれてすぐに、バングラデシュへ移り現地のアメリカンスクールに通っていた経歴もありますが、それほど英語は得意ではなかったようです。

しかし、ハリウッドで成功するにはネイティブな語学力が絶対条件です。

そのために、月一回のペースで、渡航し語学を学んでいたとのこと。

その努力が報われ、見事にオーディションに合格されました。

現在の姿

そんなローラさんの最近は、テレビの露出がかなり減ってしまって、CMでしか拝見することがなくなってしまいましたよね。

ではローラさんは現在、どんなことをしているのか調べてみました。

「バイオハザード」への出演で、ハリウッドデビューも果たしたローラさん。

海外からもその容姿も含めて、かなり高い評価を受けていましたし、やはりこれからますます海外での活躍が期待される可能性も高いのではないでしょうか。

さらに、最近では事務所との確執等が噂されていることもありますし、活動を海外に移す可能性が現実味を帯びてきたように思えます。

そして、海外にまめに渡航することで、本場で英語を学んでいる様子。

現在ロサンゼルスに住んでいるそうです。

海外での活動を強く意識している事は、間違いないでしょうね。

2017年8月、ローラさんは所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付。

今後は、先に辞めていったスタッフと一緒にハリウッドを視野に入れているようです。

NBA All star weekend 🏀🏆💥📸with cuties ❤️😜 #NBAstarweekend

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on

It was lit🔥🏀😜👐

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on

タレントとして大人気だったローラさん。

現在はあまりメディアの露出が減少していますが、ハリウッドデビューを果たし、相変わらず美しすぎるルックスと、鍛え抜かれた抜群のスタイルを持ち合わせたローラさん。

モデルとして、女優として日々努力を続ける彼女の姿は、とても素敵ですよね。

これからは日本を飛び出して、世界で活動を続けるローラさんの活躍も期待していきたいです。