プロフィール

佐藤かよさんは、1988年12月26日生まれで愛知県出身です。

本名は、佐藤たかゆきで愛称はかよぽりすです。

小学校に入学した時に、ランドセルの色の違いや席順などから自分の性別に対してなにか違うと感じた佐藤かよさん。

小学3年生の時には男女別々の場所で着替えるようになるとその違和感が強くなってきました。

一番辛いと思った時期は、「中学生時代」で中でもプールの時間に男子に紛れて着替えることが嫌だったといいます。

いじめられたわけではなく、逆に女子の友達が「こっちで着替えなよ」と誘ってくれたり、トイレも女子トイレを使うように言ってくれていたようです。

一方男子からは「男子トイレにいると逆に嫌だ」と気を遣われていました。

女性に生まれ変わりたいと思い、15歳からホルモン注射を始めたそうです。

思春期には声変わりもなく元から声が高いので現在も地声はそのままだといいます。

恋人がいたこともあり、初めて付き合ったのは16歳の時、恋愛対象は男性で、相手の男の子には自分が「男」であることを言えなかったそうです。

キスまではしたけれど、その先はできないので、喧嘩するようになり別れてしまいました。

2008年には地元・名古屋のファッション誌「東海SPY GIRL」の専属モデルとして活動を始め、東京からスカウトされ有名モデルとなって、レースクイーンやラウンドガールとして活躍の場を広めていました。

モデルとして事務所に所属するようになったのも16歳で事務所の人も社長やスタイリストさんまでが全員、佐藤かよさんが男の子だということは気づきませんでした。

佐藤かよさんは何の問題もなく「女性モデル」として仕事をしていたのです。

男だということをカミングアウトすることになったのは2010年に放送された『魔女たちの22時』です。

カミングアウトするつもりはなかったのですか、仕事でメディアに出る事が増えたため地元の人が佐藤かよさんのことを気づき始めたといいます。

佐藤かよさんが載っている雑誌を見た人から事務所に連絡が入りました。

事務所の社長から「提示版に書いてあることは冗談だよね」と言われた時に一度はごまかしましたが、正直に話すと社長はびっくりしていたといいます。

その後「性同一性障害」であることも受け入れられたので芸能活動を続けることになりました。

続きは次ページから!!