青森県住宅供給公社巨額横領事件。

2001年に発覚した、総額14億5900万円という大金を横領し、チリ人妻に渡していた日本人男性の逮捕により、一躍話題となった「アニータ事件」。

そんな事件を起こした、犯人の現在とは…。

事件の概要

2001年に青森県住宅供給公社に勤めていた職員が、1993年2月から2001年までに14億5900万円という大金を横領していたことが発覚し、逮捕された『青森県住宅供給公社巨額横領事件』のことを、通称”アニータ事件”とも言われています。

青森県住宅供給公社の元経理担当主幹・千田祐司被告(逮捕当時44歳)が、1993年2月から2001年までに約14億5900万円を横領し、2001年度仙台国税局税務調査を切っ掛けに発覚しました。

横領は1993年2月から始まっていましたが、公訴時効のため最終横領額は不明となり、1994年10月以降の約14億4600万円に対し横領罪で起訴されました。

千田被告は青森市の飲食店で知り合った、チリ人女性アニータ・アルバラードと結婚した1997年から横領額が急増、横領した14億円のうち約11億円が、このチリ人妻のアニータに渡ったとされています。

そして千田被告は2002年、青森地裁から懲役14年(求刑は15年)の実刑判決を言い渡されました。

その後、住宅公社は千田被告に対し民事訴訟を起こし、1993年2月以降の横領額全額の賠償を命じる判決が出ました。

公社はアニータがサンディエゴ郊外に建設した自宅や、千田被告の青森の自宅を売却し回収に努めましたが、裁判費用や弁護士費用が嵩み、最終的には5300万円程度の回収しかできなかったようです。

犯人のプロフィール

アニータと千田被告の出会いは、1997年の春でした。

当時、千田被告はアニータに一目惚れ状態の入り込みようだったらしく、1997年春に出会った2人は、その年の7月に結婚同居生活を始めます。

そして、翌年の1998年にはアニータが、チリへ帰国しており、結局2人の同居生活は1年未満だったそうです。

しかし、この頃から千田被告の横領はエスカレートし、実に165回にわたり14億4600万円に及びました。

そのうちの11億円ほどを、アニータに使用したと言われています。

そして、アニータはその横領した金で、プール付きの豪邸をチリの一等地に建てて、優雅な生活を送ります。

豪邸の他にも、アニータはレストランを経営したり病院までも作ったりしたそうです。

一方千田被告は、残りの横領した金で自身の遊興費に使用し消費、連日連夜、高級店で豪遊していたそうです。

その後、千田被告は仙台国税局の監査で、公社からの横領が発覚した直後、2001年10月26日に空路で東京都内に逃走。

11月8日、青森県警は千田を全国指名手配します。

そして12月指名手配中にもかかわらず、なんと六本木の高級外人バーの店から出てきた千田被告を、青森署の捜査官が業務上横領容疑で逮捕しました。

2002年、青森地裁は懲役14年(求刑は15年)の実刑判決を、千田被告に言い渡し山形刑務所に服役。

2017年に満期出所したそうです。

現在、何してる?

横領事件で注目を浴びたアニータの現在について調べたところ、出身地であるチリでタレント活動の他に、司会業などマルチな活動をしながら生活しているとのことです。

そんなアニータは、今でも千田氏と一緒に生活したいと語っています。

未だに千田氏と離婚せず、婚姻関係にあるそうです。

しかし、現在は6人目の夫であるカナダ人の地理学者と生活を共にしているそうで、本心なのかわかりません。

ちなみにアニータは9人の子供がいて、モデルの娘とサッカー選手の息子が特に注目を浴びているようです。

また、現在は地元・チリで大人気TVタレントとして大活躍しているようなのです。

「日本のみなさん、コンニチハ。アニータです。昔は『日本でもっとも有名なチリ人』なんて呼ばれていたけど、いまではチリでも私を知らない人はいないのよ。タレントとして、テレビに引っ張りだこなんだから」

「事件のあと、チリに建てた8億円豪邸や財産はすべて差し押さえられちゃって、私は無一文に逆戻り。でも、テレビに出るようになったのも、実は事件のおかげなの。チリにまで日本のメディアが押しかけてきて、近所で有名になっちゃって。それで地元のテレビ局から取材を受けて、テレビに出るようになったのよ」

出典・・・https://headlines.yahoo.co.jp

さらには、こんなオファーもあったよう…

「チリのある政党から、国政への出馬要請があったの。でも断ったわ。というのも、一番下の子どもはまだ4歳だから、私が政治家になったらあの子の面倒を見ることが出来なくなってしまうでしょ。ただ、政治にはとても関心があるわ。「右」か「左」かで言えば、私は「右」だと思う。というより、私は「左」が嫌いなのよ。だって彼らは、革命を起こそうという意志がないんですもの。チリの現状に不満を抱いている国民の感情を無視した政策で中身がない。それにキューバやベネズエラが大変な状況なのに、彼らは一切同じ社会主義の同志を助けに行こうとしないのよ。どうして?私は、行動が伴わない思想を支持しないの」

出典・・・https://headlines.yahoo.co.jp

最後に、家族たちの現在についても語ってくれました。

「おかげさまで、少しグレードアップしたいまの家に引っ越しもできたわ。でも、私には子供が9人いるから、その子たちの養育費がたいへんなのよ。父親は、チリ人、キューバ人、カナダ人と多国籍。一番上は、38歳の養子で一番下は4歳。もちろん、もう成人して私の手を離れた子たちもいるけど、まだ5人の子どもと一緒に暮らしてるのよ。色んな子がいるわ、長女のアンジーはモデルやタレントとして私と同じくらい有名人で、チリの人気恋愛ドキュメンタリー番組(日本の「テラスハウス」の様な番組)にも出演していたの。三男のアブラアムはサッカー選手として活躍していたんだけど、今はサッカーを引退して、大学で公認会計士になるための勉強をしているわ。彼は頭もいいの、アルバラード家で一番賢いのはアブラアムよ。いったい誰に似たのかしらね。

日本を離れてからたくさんのボーイフレンドと付き合ってきたけど、DV癖があったり浮気性だったり男運がなかった。今年は親友から、不動産詐欺にもあったしね……。ただそれでも、私はめげないわ。彼氏は絶賛募集中よ!」

「いまの私の願いはたった1つだけ。できるだけ早く日本に行き、正式に離婚したい。実はいまも住経理担当だった夫と婚姻関係が解消されていいないの。それが原因で、直近の彼氏(カナダ人の地理学者)と子供の親権で揉めて裁判中。仕事にも育児にも、なかなか手が付かない状況なのよ。もしあの人がこのインタビューを見ていたら、連絡が欲しい。判子が押された離婚届を送って欲しいわ。私がサインをするために、日本に行ってもいいしね!」

出典・・・https://headlines.yahoo.co.jp

ここで気になってくるのが、千田郁司氏の現在です。

事件があったのは2001年で17年が経過しました。

そして千田郁司氏は現在61歳です。

そんな彼は、いつ出所したのかは明確ではありませんが、少なくとも2016年時点で、出所していることは判明しました。

アニータと千田氏は長年、手紙のやり取りを続けていました。

しかし、出所を伝えた手紙には、出所後の住所は記載されていませんでした。

千田氏の手紙には「誰も知らない山奥でひっそりと一人で暮らす」と、書かれていたとのことです。

この話が真実であれば、千田郁司氏は現在、日本のどこかの山奥で、ひっそりと一人で暮らしている…ということになります。

2001年の事件発覚から17年以上も経過した今でも話題になり、テレビでも取り上げられている「アニータ事件」。

逮捕された職員は、当時14億もの大金を横領し、懲役14年の刑を受け服役していました。

このような巨額の大金を横領したにもかかわらず結局、事件の真相はわかりませんが、千田氏はこれからも14億の重さを背負い生きていくのでしょう。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!