タレントの麻木久仁子さんは最近テレビであまり見かけませんが、2021年現在はどのような活動をしてるのでしょうか?

以前は結構テレビ出演も多く、可愛いし綺麗で髪型も話題になっていました。

そんな麻木久仁子さんの髪型遍歴や2021年現在の様子、そしてプロフィールなどまとめてご紹介しましょう。

プロフィール

まずは麻木久仁子さんのプロフィールからご紹介します。

・芸名:麻木久仁子(あさぎくにこ)

・本名:田中久仁子?(たなかくにこ)

・生年月日:19621112日(58歳)

・出身地:東京都大田区

・血液型:A

・身長:159センチ

東京で生まれ、東京都立国分寺高等学校へ進学。

学習院大学法学部に入学しますが、中退しています。

中退の理由は両親の離婚などにより、奨学金を受け大学に通っていたが、アルバイトに追われ、進級に必要な語学の単位が不足し、3年生に進級出来なかったからという事です。

大学を中退後、芸能活動を開始。

最初の仕事は、1983年に放送された「東京ディズニーランドの開演告知」のテレビCMです。

その後、モデルとしてサントリーのテレビCMに出演。

1986年、NHK「シャツの店」で女優としてもデビューしています。

また麻木久仁子の芸名で「見つめていたい」で歌手デビューもしていますよ。

当初は本名で活動していたそうですが、あまり良い画数でもなく、芸名の麻木久仁子で活動を始めたようです。

その後、出演した「いい旅・日本」が転機になったということですが、1988年には「オールナイトフジ」の司会に大抜擢もされています。

しかし、あまり活躍できず、1クールで降板。

直後に中京テレビ「ヴィヴィアン」のレギュラー出演が決定。

1990年代から「KOSEカウントダウン・JAPAN」「TVおじゃマンボウ」などの司会として出演。

この頃が一番露出が多かった気がしますね。

私生活では1994年に「踊る大捜査線」などの映画やドラマの音楽を手掛けた作曲家・松本晃彦さんと結婚し、同年1125日に長女が誕生しています。

その長女が12歳の時、20063月に離婚、その後APF通信社代表取締役の山路徹さんと再婚しますが、その後離婚していますね。

このときは山路さんと大桃美代子さんとの三角関係が話題になり、不倫などとも言われていました。

モテる女性だったという事でしょう。

色気のあるオトナの女性ってかんじで、私も好きでしたけどね。

女優としても活動し、タレント、そしてクイズ番組などにも出演していましたよね。

知的で綺麗でっていうことで、人気があったのがわかります。

髪型遍歴

司会に女優、エッセイスト、コメンテーターとして活躍していた麻木久仁子さん。

顔も綺麗なんですが、その髪型も注目されていたようです。

どちらかというとショートカットというかロングヘアって言うイメージはありませんね。

肩ぐらいまでの長さだと記憶しています。

そんなに髪型の変化はないように思いますが、2012年に乳がんが発見され、左右両乳房の患部摘出手術を受けています。

また、その前の2010年には軽い脳梗塞を発症していたということもあり、それぐらいから髪が薄くなった可能性はありますね。

その頃にはボブのかつらなどを付けていた事もあるようです。

薄毛を隠すためにっていうことでしょうか?

女性は結構ウィッグということで髪を増やしてる人もいますよね。

年齢並みとは思いますが、美しかった麻木久仁子さんの髪型にショックを受けた人も多かったのでしょう。

また病気をしたことがきっかけで、国際薬膳師の資格も取得しているそうです。

国際薬膳師は、中国薬膳研究会が発行する薬膳の理論、実技の水準を鑑定する薬膳における最高の資格で、理論学習の上に薬膳実習を学び、卒業テストに合格すると取得出来るそうですよ。

頭が良い麻木久仁子さんならではって感じですね。

日本には400名ほどしかいないそうなので、価値のある資格といえます。

現在

2021年現在の麻木久仁子さんですが、母親と娘さんと同居しているという事。

長女ですが、2018年に「深イイ話」に出演していて、早稲田大学で学士を取得した才女ということでしたよ。

さすが麻木久仁子さんの娘ですよね。

母親は80歳を越えているという事で、介護もしているのかもしれません。

また現在は、薬膳の知識を活かした執筆、講演など幅広く活動し、YouTubeチャンネル「麻木久仁子の食べる温活~毎日元気でいたいから~」も開設しています。

多岐にわたり発信をしていて、来年の還暦を前に「一歩を踏み出す意味。それはいくつになっても変わらない」と言葉に力を込めています。

最近はNHKのオンデマンド講座やリモート的なことで発信しているという事ですね。

病気の後は健康を見直し、それに関する執筆や講演が多いようです。

もう60歳になろうというのにしっかりした考え、そして活動をしていますよね。

そしてまだまだ美しいです。

今後もまだまだ活躍するでしょう。見守っていきたいですし、応援していきましょう。