最初に結論!浅尾美和さんは現在、ご主人の出身地である岐阜にマイホームを建て、そちらを拠点に生活しているようです。

元プロビーチバレー選手で、「ビーチの妖精」と呼ばれた浅尾美和さん

そのスタイルと美貌で、ビーチバレーというあまり馴染みのなかったスポーツを一躍メジャーにしました。

浅尾さんは、現在は選手を引退し、タレントとして活躍しています。

また最近ではその容姿に変化があったという噂もあります。

現在の浅尾美和さんはどのようになっているのでしょうか?

プロフィール

名前:浅尾美和(あさおみわ)タレント

出身地: 三重県鈴鹿市

生年月日:1986年2月2日

学歴:三重県立津商業高等学校ビジネス科

浅尾さんは三重県出身。

中学生の時バレーボールを始め、高校では入学時からその実力が有望視されていたようです。

1年生の時から、レフトアタッカーのレギュラーの座を射止め活躍します。

また2年連続で春高バレーに出場し、インターハイ・国体にも3年連続で出場。

3年生の時にはキャプテンを務めていました。

高校卒業後、元バレーボール選手の河合俊一さんにその才能を見出され、スカウトされます。

そしてビーチバレーボール選手に転向。

また河合さんが社長を務める芸能事務所「ケイブロス」にタレントとしても所属し、モデル業やタレント業もビーチバレーの選手と並行して行いました。

浅尾さんはモデルをこなせるほどのスタイルを持つ浅尾さん。

浅尾選手がタレント活動をする影響もあって、浅尾選手が出場する試合には観客が急増。

大人気となりました。

あまりの人気に、肖像権を守るため、2007年には日本ビーチバレー連盟は、試合での個人撮影を禁止としたほどです。

浅尾選手は人気と知名度は抜群でしたが、実力はなかなかトップに到達できず、勝つのに苦労していたとも言われます。

ビーチバレー選手は大会の賞金だけで食べていくことはできず、ほとんどの選手がスポンサー頼りのようです。

その中で、浅尾選手はタレント活動も行ったことで、かなりのギャランティーを得ることができていたのでは、と考えられます。

選手によっては、金銭的な理由から海外などの大会に出場できないことも多いそうです。

しかし浅尾さんの場合はその面では恵まれていたため、実力のランキングとはまた別に、勝利できる場合もあったと考えられます。

そして2012年、浅尾さんは所属先の事務所を通じ、現役を退くことを発表します。

今の住まいは?

引退後、浅尾さんは2013年に一般男性と結婚。

お相手の男性は、浅尾さんの現役時代に雑誌のグラビアでヘアメイクを担当していた堀江俊彦さん。

どうやら初めに好意を持ったのは浅尾さんの方だったようです。

出会った当初は恋人がいた堀江さん。

浅尾さんの方から、「彼女とはどうですか?」と尋ね続け、別れたと聞いた時に告白をしたようです。

俊彦さんは有名モデルや女優のヘアメイクも手掛けていた人気のヘアスタイリストさんだったとか。

爽やかなイケメンですから、かなりモテたでしょうね。

そして2014年には第一子となる男の子を出産した浅尾さん。

また2016年には第二子となる男の子を出産しました。

結婚後は、ご主人の出身地である岐阜にマイホームを建て、そちらを拠点に生活している浅尾さん。

ご主人の母親とも同居し、ご主人は岐阜県可児市で美容院を経営しています。

浅尾美和さんの夫が経営する美容院ということで、地元ではかなりの有名店。

しかし、浅尾さんはタレント業をしていることもあり、ご主人のお店に来ることは残念ながらないようです。

美白になった現在の姿

「ビーチの妖精」と呼ばれていた浅尾さん。

当時は日焼けした肌と笑顔がとても印象的でしたが、引退してからはすっかり雰囲気が変わったと言われています。

また「顔が変わった?」とネット上で話題になっていたこともあります。

2018年1月にテレビのバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」に出演した際、容姿の変化にネット上では様々な声が上がりました。

「え?これ浅尾美和?わからなかった…」

「別人でしょ?」

「浅尾美和さんて、こんな感じだったっけ?」

どうやら、以前より少しほっそりとした印象をうけます。

現役選手の頃に比べると、当然色も白くなっていますし、体型も当時とは違っているのかもしれません。

また、女性は出産を機に体質が変わるとよく言われます。

髪質や肌質が変わったり、食べ物の嗜好も変化することがあるようです。

浅尾さんは男の子二人のお母さんでもあるので、育児が大変なこともあるでしょうし、母親の顔になったという事なのかもしれませんね。

現役時代は、「ビーチの妖精」と呼ばれ、ビーチバレーボール界をけん引し続け、今では幸せな家庭のお母さんとなった浅尾美和さん。

しかし、変わらないプロポーションと美しさには驚きです。

これからも、タレント活動と家庭の両立にがんばってほしいですね。