日本の女優として有名な倍賞美津子さん。

病気が原因で引退?!といった噂がチラホラと出回っている現在。

実際のところどうなのでしょうか?

気になる現在や衝撃的な姉妹関係についても調べてみました。

プロフィール

名前:倍賞美津子(本名:同じ)

生年月日:1946年11月22日

血液:B型

出身地:茨城県

【経歴】

1962年に松竹音楽舞踏学校に入学。

1965年松竹歌劇団に入団。

学生時代から舞台実習を経験し、1965年「東京踊り」でデビュー。

新人賞を受賞され、浅草国際劇場を中心に、歌とダンスで活動されます。

現在のように女優のイメージが定着するきっかけとなったのが1967年。

「純情二重奏」で映画デビューを果たされます。

1969年「人斬り」で京都市民映画祭の新人賞を受賞。

その後、松竹へと入社し、以後、看板女優として活動を続けられていました。

1971年に、プロレスラーのアントニオ猪木さんと結婚。

結婚式に1億円も費用がかかっていたことで、当時大きな話題になりました。

ちなみに、ご存じのない方もいるかもしれませんので補足させて頂くと、現在では有名な新日本プロレスですが、設立者がアントニオ猪木さんになります。

そして倍賞美津子さんと、ご結婚された当時は、現在ほど有名な団体ではなかったんですね。

その理由に「テレビ放送」がなかったこと。

ジャイアント馬場さん(プロレスラー)率いる全日本プロレスが圧倒的に有名だったこともあり、かなり苦しい経営状態だったんです。

それを倍賞美津子さんが、直接融資先に出向き、融資のお願いをしたり、宣伝カーのナレーションを務めるなど、設立に大きく貢献されました。

日本を代表する看板女優だからこそ出来た力添えですね。

しかし、1988年にアントニオ猪木さんの不倫により離婚に至った二人。

倍賞美津子さん自身にも、俳優の萩原健一さんとの熱愛説などもありましたが、離婚後独身のままです。

不倫で離婚に至ったお二人ですが、絶縁状態というわけではなかったようで、2002年に「新日本プロレス30周年記念東京ドーム大会」にゲスト出演されており、その際、元夫のアントニオ猪木さんと「1、2、3、ダー!」を披露されています。

現在も現役で女優を続けられている数少ない女優さんの1人です。

倍賞千恵子との姉妹関係

倍賞美津子さんの実姉は「倍賞千恵子」さんになります。

「倍賞」という姓が珍しいものなので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

倍賞千恵子さんといえば代表作「男はつらいよ」ですね!

同ドラマではトラさんの妹役を演じていらっしゃいますね。

また声優としても活動されており、代表作に「ハウルの動く城」があります。

同作品ではヒロインのソフィー役を演じられていますよ。

女優のイメージが強い倍賞千恵子さんですが、歌手としても活動されているんですね。

主演映画を務めた「下町の太陽」で、同名タイトルで歌手デビューされていますし、ハウルの動く城でも主題歌の「世界の約束」を披露されるなど、マルチに活躍されています。

姉妹ともに芸能界で活躍するお二人ですが、その気になる関係性は!?

お二人とも同じ松竹歌劇の出身であり、倍賞美津子さんの映画デビュー作「純情二重奏」で、姉の倍賞千恵子さんと異母姉妹役で共演されています。

公私ともにご一緒なあたり、かなり姉妹仲が良さそうですね。

そんなお二人ですがお顔もソックリなので、よく間違われてしまいます。

現在で例えると広瀬アリスさん&広瀬すずさん姉妹か、上白石萌音さん&上白石萌歌さん姉妹のような感じでしょうか。

どちらの姉妹も双子?!と間違ってしまうくらい似てらっしゃいますね。

双子なみにソックリな倍賞姉妹ですが、偶然にも同じ「癌」という病魔にまで襲われてしまいます。

姉の倍賞千恵子さんが乳癌。

妹の倍賞美津子さんが直腸がんになります。

癌は遺伝的要因が絡んでいる部分も多く、事実お二人の祖母も癌を経験されていたそうですが、再発し亡くなる方も多い中、お二人とも手術も成功し、再発もなく健康に過ごされていますので良かったです。

現在

一時期、癌の影響もあり激やせしてしまった倍賞美津子さん。

その為か、病気で引退などといった噂もありましたが、2022年の現在も女優として活動を続けらています。

2022年4月に放送される「やんごとなき一族」での出演も決まっており、撮影も順調のようです。

とはいえ、過去に癌を患われており、またご年齢も75歳を迎えられていますので、お体に無理のない範囲で続けていって欲しいですね!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!