最初に結論!セロさんにやらせはなかったようで、現在もアジアを中心に世界中でマジシャンとして活躍しているようです。

世界的に活躍するマジシャンのセロ

カタコトの日本語と整った顔立ちが特徴的でありながら、見たこともないような圧倒的なマジックパフォーマンスで、一躍有名人になりました。

そんなセロの現在とは…。

またやらせ疑惑も浮上?

プロフィール

セロ(Cyril)プロマジシャン(イリュージョニスト)。

海外ではセロ・タカヤマ(Cyril Takayama)名義で活動している。

1973年9月27日生まれ。

クロースアップ・マジックからステージマジックまで幅広いジャンルをこなす。

父親が日本人で母親がモロッコ系フランス人。

父親の出身地である沖縄県今帰仁村で、2歳から4歳まで祖母に育てられた。

ロサンゼルスに戻った後も、小学生時代は夏休みを祖母宅で過ごし、小学6年の時には日本の小学校に、わずか19日間だが通学していた。

日本に滞在していた時期が長いことから日本語は堪能である。

10歳の時から始めたマジックの才能が開花し、12歳でマジックキャッスルジュニアメンバー、フューチャー・スターの経歴を持つ。

15歳の時に学校を強制退学、16歳の時には自主退学したことをMagicにて明かしている。

セロの行動を問題視した父は彼を日本に送ろうと考えたが、乗り継ぎだった東京にて逃亡を図り、以降ストリートパフォーマーとして貧困生活を送る。

日本国内のマジック団体に加盟しようと試みたものの、よそ者扱いされ断念。

17歳の時、裕福な日本人ビジネスマンに気に入られ、ホテルにてウェディングなどで短時間のパフォーマンスを行うようになる。

19歳の1994年には、FISM横浜大会でイリュージョン部門1位を受賞した。

日本で放送されたテレビ番組『マジック革命!セロ!!』はいずれも高視聴率を獲得し、日本のマジックブームに大きく貢献し、お茶の間の人気者となった。

現在では、パートナーのジェーンとともにセロ&ジェーンとしても活動。

アメリカ、アジア、ヨーロッパを中心に興行している。

今までのマジック種明かし

まずセロさんのマジックで有名なのが、メニューから本物のハンバーガーを取り出すマジックではないでしょうか。

お店の壁に掛けられたメニューに描かれたハンバーガーを、セロさんが手で覆うと本物のハンバーガーが出てきて、メニューからはそのハンバーガーの絵が消えているというマジックです。

このマジックの種明かしをすると、壁に仕掛けがあるというのはまず間違いないでしょう。

メニューのハンバーガーの絵が取り外せるようになっていて、壁に穴が開いているのです。

そして、壁の裏側に協力する仲間がいて、セロさんがハンバーガーの絵を手で隠している僅かな時間に、壁に開けた穴からハンバーガーを渡し、今度はなにも描かれていない白い板をはめ込みます。

まさか壁に穴が開いているわけがないという、思い込みを巧く利用したマジックで、原理自体はすごく簡単です。

次にセロさんがネパールの子供に教えていた、輪ゴムと指輪を使ったマジックがありました。

これは、輪ゴムを切って1本のひも状にしたものを指輪に通し、輪ゴムの両端を持って口笛を吹くと、輪ゴムの上を指輪が勝手に動くというものです。

ネパールの子供でも出来たマジックで原理は簡単です。

セロさんが教えたマジックの種明かしの中でも、こちらは出来た人も多いのではないでしょうか。

ポイントは輪ゴムを使うというところで、右手側から左手側に指輪を移動させたい場合、左手は普通に輪ゴムの端を持っていいのですが、右手は少し余分に持っておきます。

そして、輪ゴムを少し伸ばした状態で、右手と左手の距離は変えないようにしながら右手を少しずつ緩めていきます。

輪ゴムが縮む力を利用して、指輪を動かします。

続きは次ページから!!