藤田紀子さんは女将さんのあだ名で知られ、日本で有名な力士「若ノ花、貴乃花」の母親です。

御年70歳を超えていても美貌を維持しています。

しかし、整形疑惑が常に付きまといます。

プロフィールや若い頃はどんな顔だったのか、現在の姿をご紹介します。

そんな彼は現在、どんな暮らしをしているのでしょう。

大学を卒業せず、中退したという噂は本当なのか?

本業お仕事は何をしているのか?

詳しく見ていきましょう。

プロフィール

芸名:藤田紀子(ふじたのりこ)

本名:藤田 憲子(ふじた のりこ)

あだ名:女将さん

タレント、女優、コメンテーター

生年月日:1947年9月7日(74歳)

出身地:大分県大分市

血液型:O型

女優としてデビューするも、端役専門の女優でした。

1970年(昭和45年)10月、当時人気幕内力士だった貴ノ花と結婚し、芸能界を引退します。

貴乃花、若乃花と男子2児をもうけたが、2001年(平成13年)、不倫疑惑が報道される中で別居後に離婚し、芸能界に復帰しました。

2012年にはマダム好きであるピース綾部との交際報道がでました。

現在は女優、コメンテーターとしてメディア出演する一方で、自身の子育て、ライフスタイルをテーマに講演活動を行うなどしています。

ヨガなど、常にアンチエイジングと身体のメンテナンスに余念がありません。

次男貴乃花とは絶縁状態と言われ、長男虎上との交流については、プライベートで交流があると言っています。

虎上さん曰く、「うちの母親はずっと17歳の女子高生。気持ちがというかいろんなことが」

「(ピース綾部は)タイプとしては母のタイプ。顔がかわいい。顔がかわいいのがみんな好き」と明かしていました。

蜂窩織炎(ほうかしきえん)という皮膚の病気でにかかったという話もありました。

顔面崩壊!?

ボトックス整形が崩れてきて、二重瞼まで埋もれる始末。

70歳を超えて、しわもないつるつるのお肌には、ヒアルロン酸やボトックスを施してるようです。

能面みたい、目が怖いとちまたで噂になっています。

シワを伸ばしすぎて、少し不自然に感じてしまいますね。

特に目尻を強化しているのか、顔のパーツ、特に目が埋もれてしまっています。

後ほど若い頃の写真もご紹介しますが、若い頃があまりに美人過ぎる故か、劣化したと言うよりも顔面崩壊とまで言われてしまう始末。

蜂窩織炎(ほうかしきえん)という病気にかかった過去もあります。

若い頃

当時は現在のように写真の加工もなかった時代。

藤田紀子さんの若い頃がとても美人だとして話題になっています。

当時から切れ長の目が魅力的ですね。

しかし、この様子からみると目尻と目頭は明らか切開してますね。

現在

では、現在花田紀子さんの現在は?

2021年1月に、所属している生島企画室のYoutubeチャンネルで、長男夫婦が仕事に行っているときに孫2人を預かっていると話しています。

長男の妻が事務所社長兼マネージャーであるためで、女の子の面倒を見ることは初めてで面白いといいます。

祖母として孫がかわいいのでしょう。

また相撲界に関するニュースを取り上げるワイドショーでご意見番として登場する機会もあります。

今回、花田紀子さんのプロフィール、若い頃と現在の活動についてまとめました。

アンチエイジングに余念がない、何歳になってもチャレンジし続けるバイタリティーあふれる人です。

整形疑惑がありますが、本人は特にコメントしておりません。

ボトックスや目の切開をした疑惑が報じられています。

女優としてデビューし、相撲界の大人気力士の妻、母として30年間女将さんとして尽くしました。

離婚を機会に芸能復帰をして、今もアンチエイジングをして美貌に磨きをかけています。

今後は孫との時間を大切にしつつも、講演会講師やコメンテーターとして益々の活躍に期待しましょう。