タレントの松居一代とのドロドロ離婚で、一躍注目を浴びた船越英一郎

次々と船越英一郎の秘密を暴露され、連日報道されていましたが、離婚が成立しそんな船越英一郎の現在とは…。

噂の彼女や仕事について調べて見ました。

プロフィール

船越英一郎(フナコシ エイイチロウ)俳優。

1960年7月21日生まれ、神奈川県出身。

B型。

父は俳優の故・船越英二、母は女優の故・長谷川裕見子。

父・船越英二が営む湯河原町の旅館を継ぐことを拒み、役者の道へ。

1982年、TBS系ドラマ『父の恋人』でデビュー。

1997年、芸名を船越英一郎に改名。

1999年、朝日系連続ドラマ『舞妓さんは名探偵!』から狩矢警部役を演じており、テレビ東京系「女と愛とミステリー」『京都新婚旅行殺人事件』を経て、TBS系「月曜ゴールデン」「狩矢警部シリーズ」で主役に昇格している。

2001年、タレント・松居一代と結婚。結婚後は夫婦仲・親子仲の円満さが伝えられ、バラエティ番組出演の際なども、家族の話題が取り上げられることが非常に多かった。

2時間ドラマへの出演が顕著で、在京民放5局の2時間ドラマすべてに主演作品がある唯一の俳優と言われる。

その出演回数の多さから「2時間ドラマの帝王」や「サスペンスドラマの帝王」、「ミスター2時間ドラマ」などの異名を持つ。

2004年1月、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』内の「ゴチになります!」にレギュラー出演するなど、バラエティ番組にも活動の幅を広げている。

同年12月24日の「ゴチ5」でクビになったが、2005年1月21日の「ゴチ6」で復帰を果たした。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!