最初に結論!春名風花(はるかぜちゃん)は現在、高校生となり、主に声優として芸能活動は続けているようです。

元子役で、「はるかぜちゃん」こと春名風花は幼い頃から自分の意見を発信し、子どもなのにしっかりとした考えを持っているとして評価される一方、『生意気な子ども』としてバッシングを受けました。

そんな、はるかせちゃんの現在とは…。

プロフィール

春名風花(ハルナ フウカ)女優、タレント、声優。

2001年2月4日生まれ、神奈川県出身。

A型。

愛称ははるかぜちゃん。

幼少の頃からCMや映画に出演。

3歳でブログを書き、当時の所属事務所クレヨンでのブログも自分で更新していたという。

9歳からやっているTwitterでは幅広い分野について語り注目を浴びる。

2010年12月、Twitterにおいて東京都の青少年育成条例問題に言及して注目を浴びた。

「少女革命ウテナ」の主人公・天上ウテナに憧れて一人称は「ボク」という。

2015年1月、大塚周夫氏の訃報に触れ、その長男である大塚明夫氏と会っていたことに言及したが、後に明夫氏と周夫氏の名前を混同していたことを明かし謝罪する。

明夫氏はこのミスについては、寛大な態度を示したものの、一部のファンやユーザーから非難や中傷が寄せられたため一時的にTwitterアカウントを閉鎖した。

2016年2月、Twitterへの投稿を再開し「ハイパーメディア一般人」になったと告げた。

続きは次ページから!!