最初に結論!成宮寛貴さんは現在、ファッション業界の方々と交流したり、自身のホームページを立ち上げたりと着々と次の活動の準備を始めているようですね。

2016年12月にコカイン吸入疑惑が週刊誌に報じられ、その1週間後に電撃引退を発表した成宮寛貴さん

ドラマでは「相棒」シリーズや「ごくせん」「ブラッディ・マンデイ」、映画では「ドロップ」など数々の話題作に出演し、人気俳優として活躍していただけに大きく世間を騒がせることとなりました。

成宮さんは現在どうしているのでしょうか?

引退後の潜伏場所や目撃情報、最新のインスタグラムについても詳しく見ていきましょう!

プロフィール

1982年東京生まれで現在35歳の成宮寛貴さん。

2000年に舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』で俳優としてデビューした当初は本名の平宮博重(ひらみや ひろしげ名義で活動を行っていました。

翌年には『溺れる魚』、『金田一少年の事件簿』で映画・ドラマデビューを果たし、その後『ごくせん』や『木更津キャッツアイ』といった人気シリーズに出演することで知名度を上げていった成宮さんですが、輝かしい活躍の裏には壮絶な過去の経験もあったのだとか。

成宮さんが芸能界入りした理由。それは女手一つで兄弟を育ててくれた母が14歳のときに他界されたことが関係しているのだそう。

中学生のときに母親を亡くした成宮さんは高校へは進学せず、アルバイトをしながら弟のためにお弁当を作り、面倒をみながら生計を立てる日々を続けていたというから驚きですよね!

そんな家族思いの一面もある成宮さんですが2016年12月、違法薬物・コカインの吸入疑惑は芸能界を揺るがす大きなスクープとしてフライデーに報じられました。

この報道に対し、直筆コメントを発表。

元所属事務所であるトップコートは報道に対し「事実無根」と完全否定したものの2016年12月8日に芸能界引退を発表しました。

“人には絶対に知られたくないセクシャリティな部分”“不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそう”という表現を見る限り、芸能人として振る舞うことに相当精神的に参ってしまったのでしょう。

2015年に放送された「A-Studio」(TBS系)では芸能界という世界に対し、「向いているのかな、って毎回悩んだりもする」と語っており、以前から違和感を感じていたことがうかがい知れます。

続きは次ページから!!