女性お笑い芸人・北陽は、1995年にコンビを結成し、下積み時代を経て、2001年から始まった『はねるのトびら』にレギュラー出演して大ブレークしました。

その後、バラエティ番組に出演することが多かったのですが、結婚、出産を機に仕事をセーブしているため、現在はコンビでの仕事はほとんどなくなってしまい、レギュラーとして出演する番組もなくなってしまいました。

そんな北陽の二人は現在、どのようなことをしているのでしょうか。

今回は二人がテレビで見なくなった理由と現在の姿についてまとめたいと思います。

プロフィール

北陽は、埼玉県立久喜北陽高等学校の校名から名付けました。

虻川美穂子さんは、1974年9月11日生まれ、埼玉県北葛飾郡杉戸町出身です。

北陽のボケ担当で愛称は「虻ちゃん」です。

伊藤さおりさんは、1974年4月9日生まれ、埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)出身です。

北陽のツッコミ担当です。

2人は、久喜北陽高校時代に出会いました。

ソフトボール部で仲良くなり、1995年にコンビを結成しました。

虻川さんのソフトボールでのポジションは投手で、実業団にスカウトされるほどだったそうです。

2人はスクールJCAの3期生で事務所は人力舎所属です。

1995年にコンビを結成し、出演した番組、NHK『爆笑オンエアバトル』などで注目を集めます。

そしてフジテレビ『はねるのトびら』のレギュラーに抜擢され、一躍有名に!

その後虻川さんは、ドラマに出演する機会が増えました。

単発的な出演でしたが印象的な役が多かったと思います。

ドラマのほかには、映画やCMなどにも出演していてピンでの活動が増えてきました。

続きは次ページから!!