最初に結論!山田邦子さんは現在、痩せたという印象はありませんが、以前に乳がんを患った時に痩せたことがあったようです。

最近では多くの女芸人と呼ばれる人たちが活躍していますが、1980年頃から一世を風靡したのが、山田邦子さん

当時は多くの冠番組を持ち、大活躍していました。

未だにそれを超える女芸人はいないと言われるほどです。

しかし、最近ではほとんどテレビでその姿を見かけません。

一体どうしてなのでしょうか?

そして、現在は何をしているのでしょう?

プロフィール

芸名:山田邦子(やまだくにこ)

本名:後藤 邦子(ごとう くにこ)

職業:タレント・女優

出身地:東京都板橋区

生年月日:1960年6月13日

最終学歴:川村短期大学(現在の川村学園女子大学)

所属事務所:太田プロダクション

山田さんは、若い頃からお笑い好きで、モノマネが得意だったため、高校1年生の頃から素人お笑い番組に出演し、お笑いの道を目指します。

一時期は落語家を目指した時期もあり、早稲田大学の寄席演芸研究部へ入部したこともあるようです。

しかし、早々に落語家には向いてないと見切りをつけ、その後、現在の太田プロダクションにスカウトされ、女芸人としてデビューします。

当時、漫才ブームが下火となり、ビートたけしさんや明石家さんまさんといったお笑いの第2次ブームがはじまっていました。

山田さんはフジテレビの「オレたちひょうきん族」にレギュラー出演し、さまざまな女性芸能人のモノマネで大ブレイクします。

体を張った仕事ぶりが好感を呼び、1988年から1995年まで、NHK「好きなタレント調査」では8年連続で第1位を独占しました。

また当時のバブル期の波にも乗り、テレビ番組のレギュラーを週14本持ち、月収は一億円だったと本人が話しています。

しかし、1990年代後半から、徐々にテレビでの露出が減っていき、また冠番組も打ち切られていくようになります。

続きは次ページから!!