最初に結論!いきものがかり・吉岡聖恵さんは現在、活動を再開し、ファンクラブ会員を対象とした全国ツアーも始まるようです。

NHK朝ドラの主題歌や合唱コンクールで歌われる楽曲などで、幅広いファン層を持つバンドのいきものがかり

女性ボーカルの吉岡聖恵さんの、澄んだボーカルと美しいメロディーが魅力的ないきものがかりですが、2016年結成10周年を迎え、2017年1月から活動休止になりました。

2018年の11月から活動を再開したようですが、ボーカルの吉岡さんは現在どのようになっているのでしょう。

プロフィール

名前:吉岡 聖恵(よしおか きよえ)

生年月日:1984年2月29日

出生地:静岡県静岡市

出身地:神奈川県厚木市(5歳〜)

職業:ボーカリスト、シンガーソングライター

最終学歴:昭和音楽大学短大

吉岡さんがボーカルを務める「いきものがかり」は、小学生からの同級生である水野芳樹さんと山下穂尊さんが、1999年に結成したアマチュアバンドでした。

バンド名は、水野さんと山下さんが小学1年生だった時に、金魚に餌をあげる「生き物係」だったことに由来しているそうです。

当時は2人組のバンド「ゆず」がストリートミュージシャンから大ブレイクした直後で、「ゆず」と同郷の2人はブームに乗る形で活動していたそうです。

しかし、他にも似たような男性二人組のミュージシャンが路上ライブをしており、「同じことをしてもつまらない」と思うようになり、ファン層を広げるためにも女性をボーカルの立てるのがいいのではと思うようになったそうです。

そんな時、水野さんが他で活動していたバンドに女性ボーカルとして紹介されたのが、同級生の妹だった吉岡さんでした。

吉岡さんのボーカルに好印象を抱いた水野さんは、山下さんに吉岡さんの参加を提案します。

そして二人が行っていた路上ライブに、吉岡さんが飛び入りで参加、そのまま3人組のバンドとして活動を始めていきます。

吉岡さんは幼い時から歌うことが大好きだったそうです。

小学生、中学生の時は合唱部に所属、高校時代には放送部、軽音部、バトン部に所属し、吉岡さんが組んでいたJUDY AND MARYのコピーバンドも学内で人気があったそうです。

2003年にインディーズデビューし、2006年にシングル「SAKURA」でメジャーデビューしたいきものがかり。

その後、2009年のNHK全国学校音楽コンクール中学生の部課題曲の「YELL」や、2010年度上半期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌「ありがとう」が大ヒットとなり、幅広い年齢層のファンから人気を獲得しました。

またNHK紅白歌合戦には、2008年から9年連続で出場しています。

2016年、メジャーデビュー10周年を迎えたいきものがかり。

これを区切りとして、翌年2017年の1月5日から「放牧」という表現で、活動休止に入ります。

そして2018年11月3日より「集牧」という表現で、活動を再開しました。

活動休止理由

人気絶頂期の活動休止にあたり、休止の理由はファンの間でもいろいろと憶測が飛び交ったようです。

その中の1つがバンドの不仲説でした。

以前、水野さんが出演したトーク番組で「音楽性はぴったり合っているけど、プライベートは全然仲良くない…」と発言したことがあったようです。

いきものがかりは、プライベートで3人そろうのは年に1回ぐらいだとか。

3人で食事をして、それぞれの近況を話したり、今後の事を話すようなのですが、会ってすぐはテンションが低く、無言になってしまうとか。

いきものがかりは、音楽というものを通じて、3人は1つの活動をしているけれど、プライベートはそれぞれで過ごしているようです。

吉岡さんには一般男性で年上の彼氏がいると噂されているので、その方との結婚があるのではないかと言われています。

活動休止は「後ろ向きなものではない」と宣言したいきものがかりなので、次へのステップのためにそれぞれリフレッシュしたのでしょうか。

吉岡さんの実家は農業もやっているそうですから、自然と触れ合い、しっかり充電したのかもしれません。

また休業中、吉岡さんはソロアルバムの製作にも取り組んだようです。

こちらは「そらいろ」というタイトルで、吉岡さんが歌ってみたかった曲や、大好きな曲を歌ったカバーアルバムとなっています。

現在は何してる?

2018年11月3日から活動を再開したいきものがかり。

吉岡さんが少しふっくらしたということも話題になっています。

充電中にのびのびとリフレッシュできたのでしょうか。

多少ふっくらしても、可愛らしい雰囲気はそのままです。

またその性格の良さも人気の一つのようですから、過去には恋人にしたい女性アーティストや結婚したい女性アーティストにも上位にランクインしています。

活動再開に当たり、「もっとこの3人でいきものがかりを楽しみたい」と意欲を見せたいきものがかり。

2019年春からは、ファンクラブ会員を対象とした全国ツアーも始まるようです。

活動休止を経て、より結束が高まったいきものがかりの今後の活動に注目ですね。