最初に結論!市橋達也さんは無期懲役の判決を受け、現在も服役中とのことです。また、両親は医者の仕事を辞め、姉は離婚してしまったようです。

2007年に千葉県で起こった、イギリス人で英会話学校の講師をしていたリンゼイ・アン・ホーカーさんが殺害された事件からすでに10年が経過しました。

市橋達也受刑者は現在どうなっているのでしょうか?

また、市橋達也受刑者の家族は、事件後、どのように暮らしているのでしょうか?

事件の内容と、それぞれの現在を見ていきたいと思います。

事件発生〜判決の経緯

2007年の3月に、千葉県市川市の自宅マンションで、市橋達也受刑者が、当時22歳だった英会話学校の外国人講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを絞殺するという痛ましい事件が発生しました。

事件は、リンゼイさんが帰宅しないことを心配した同居の女性が、警察に通報したことで動き始め、防犯カメラに一緒に映っていた市橋達也受刑者に事情を聞くために警察官達が自宅を訪れたことで発覚しました。

その際に、市橋達也受刑者は警察の制止を振り切って裸足のまま逃走し、約2年7ヶ月に及ぶ逃亡劇が始まったのでした。

その後、市橋達也受刑者は各地を転々とし、整形を繰り返したり、沖縄県のオーハ島で自給自足の生活をしたりしながら逃げ回っていましたが、2009年の11月に通報を受けた警察により、大阪南港フェリーターミナルで逮捕されたのでした。

2012年に、一連の事件の裁判が終わり、市橋達也受刑者は無期懲役が言い渡されました。

市橋達也受刑者も上告はせず、罪を受け止めたのでした。

続きは次ページから!!