最初に結論!JUDY AND MARY・YUKIさんは現在、ソロで歌手活動を続けています。

『そばかす』でオリコンチャート初登場1位を記録したJUDY AND MARY

サビのところは誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ソロデビューしてからは雰囲気が変わりました。

音楽番組に出演することがありますが、彼女の姿を見て、様々な感想を言う人がいるのです。

中でもYUKIさんが劣化したと思う人もいるのではないでしょうか。

今回は、JUDY AND MARYのYUKIさんについて紹介したいと思います。

YUKIのプロフィール

YUKIさんは1972年2月17日生まれ、北海道函館市出身です。

本名は倉持有希、急性は磯谷です。

有希という名前は、「希望が有りますように」という意味を込めて、祖父が名付けたようです。

1991年6月、映画「いつかギラギラする日」の撮影に訪れていた恩田快人さんと出会ったことがきっかけで1992年2月にJUDY AND MARYを結成しました。

そして1993年にJUDY AND MARYのボーカルとしてデビュー、1994年4月からオールナイトニッポンのパーソナリティーになり2年間行いました。

1996年には『そばかす』がオリコンチャート初登場で1位を記録します。

初登場で1位はすごいですよね。

しかし、1999年にJUDY AND MARYの活動を休止してしまいます。

7月にはB-52’sのケイト・ピアソンさんたちと「NiNa」にシンガーとして参加し、11月には、シンガーソングライターのCHARAさんとCHARA+YUKIを結成しました。

そして、2000年2月、JUDY AND MARYの活動を再開、9月には真心ブラザーズのYO-KINGこと倉持陽一さんと結婚しました。

2001年3月8日、JUDY AND MARY解散。

10月、CHARAさん、ちわきまゆみさん、YUKARIEさんと女優の伊藤歩さんをボーカルに迎えたガールズバンド「Mean Machine」を結成し、ドラマーを務めたのです。

2002年、シングル「the end of shite」で本格的なソロ活動を始めます。

2008年、3月22日から3年ぶりのライブツアー「YUKI concert New Rhythm Tour 2008」を行いました。

2012年5月6日、アニバーサリー・ライブ『YUKI LIVE “SOUNDS OF TEN”』を東京ドームで開催、JUDY AND MARY解散ライブ以来、約11年ぶりに行いました。

YUKIさんは、女性として初めてバンドとソロの両方で行った歌手となったのです。

12月には、ソロ活動をして初めて第63回NHK紅白歌合戦に出場し、女性歌手がバンドとソロの双方でNHK紅白歌合戦に出場するのは3人目となります。

続きは次ページから!!