番長として慕われプロ野球選手としてスーパースターであった清原和博さん

引退後も野球評論家やタレントとして活躍をされていましたが、2016年に薬物所持により現行犯逮捕され、その人生は大きく狂ってしまいました。

そんな清原さんの現在の姿があまりの変貌ぶりに見ていられないとネットでは大きく騒がれております。

プロフィール

清原和博さんは大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手で高校時代は野球の名門「PL学園」に入学し、全国屈指の強豪高で1年生から4番に座り甲子園に5季連続出場をしているいわゆる野球の超エリートです。

PL学園時代は同期となる桑田真澄と「KKコンビ」と呼ばれ、また甲子園通算13本塁打の記録を打ち立てるなど超高校級スラッガーとして大活躍しました。

高校卒業後はプロ入りを決断し、1986年西武ライオンズに入団。

1年目からその強打者ぶりをいかんなく発揮し、オールスターゲームでは高卒ルーキーながらファン投票1位を獲得し、その年の新人賞を獲得する活躍を果たしました。

1997年には子供の頃からの憧れであった読売ジャイアンツに移籍しましたが、怪我などが多く、なかなか結果を残すことができないシーズンが続きましたが、それでも球界の番長と慕われプロ野球選手として22年間スター街道を走り続けてきました。

数々の目撃情報

2008年、22年のプロ野球生活に幕を閉じ、現役を引退。

引退後は野球評論家やそのキャラクターを活かしてタレントとして活動をしておりましたが、2016年、覚醒剤所持により現行犯逮捕、有罪判決を受けその人生は一転することとなります。

そんな清原さんですが、都内での目撃情報や久々のメディアの登場で世間では別人のようと騒がれております。

清原さんは有罪判決後、ほぼメディアに出ることがありませんでしたが、2017年4月に親しい友人がなくなりその通夜の参加の際、久しぶりにメディアに登場しました。

その時の写真がこちらです。

番長と慕われていた昔の面影はなく、どこかやつれてしまっているような感じですね。

また6月に文藝春秋の『Number』の表紙に登場した際は、以前よりも痩せやつれたその姿に『別人のようだ』『人相が変わりすぎ』とネットでは騒然となりました。

また、2018年1月には新宿・歌舞伎町の道路に立っているところをフライデーに撮影されています。

この時は、知り合いの方々としゃぶしゃぶを堪能して帰宅するところだったようですが、停めていた車のエンジンがかからずタクシーを待っているとこだったようです。

続きは次ページから!!