人気女優としてテレビなどに多く出演していた小西真奈美

年齢を感じさせない美しさが素敵で、痩せているイメージでしたが、現在は太りすぎでヤバイ!?との噂があり、干された?とも囁かれています。

そんな彼女の現在とは…。

プロフィール

小西真奈美(コニシ マナミ)女優・モデル・歌手。

1978年10月27日生まれ、鹿児島県出身。

オーディション『エリートモデルルック』で優勝し、モデルとして活動。

1997年、『★☆北区つかこうへい劇団』に入団し、『寝取られ宗介』で女優デビュー。

1999年、つかこうへいの代表作でもある『蒲田行進曲』でヒロインを務めた。

2001年、バラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』の出演で注目を集め、一躍人気を獲得。

2002年公開の初出演映画『阿弥陀堂だより』で、第48回『キネマ旬報賞』新人女優賞、第45回ブルーリボン賞新人賞、第26回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。喋ることが出来ない難病を抱える少女役を演じた実績が認められての受賞である。

2006年6月、2000年頃から6年をかけて撮影した初の写真集『27』を発売した。

本人は「写真集は一生に一回でいい」と発言している。

2008年3月19日、映画『Sweet Rain 死神の精度』の主題歌「Sunny Day」で、劇中の役名である藤木一恵名義でDefSTAR RECORDSから歌手デビュー。

オリコン週間シングルチャートで初登場10位を獲得した。

2009年、『のんちゃんのり弁』で、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。

以降はテレビや映画を中心に活躍。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!