小柳ゆきさんは日本を代表する有名な歌手ですよね。

日本の邦楽を牽引している小柳ゆきさん。

名曲の「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」は誰しもが一度は聴いたことが有るのではないでしょうか?

その歌唱力も凄まじい物で、聴く人を一瞬にして魅力している彼女ですが、今現在はあまりメディアに登場することがありませんよね。

そこで今回は現在の小柳ゆきさんについてリサーチをしてみました。

一体どのような生活を送っているのでしょうか?

プロフィール

名前:小柳由紀(小柳ゆき)

誕生日: 1982年1月26日(35歳)

出身地:埼玉県

学歴: 埼玉県立上尾高等学校卒

職業:歌手

経歴:

小柳ゆきさんは埼玉県産まれの埼玉県育ち。

幼少期から姉の影響もあって、歌うことがとても好きな少女だったといいます。

姉と二人で良く歌を歌っていたみたいです。

当時は歌謡曲が好きで、ラジカセに自分の歌を録音していたこともあったとか。

年を重ねるにつれ、洋楽も好むようになり、ホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーはお気に入りだったそうです。

埼玉県大宮市立日進中学校に進学後は剣道部に所属。

心身共に鍛練をし、あのみんなが魅力される声はここで鍛えられたとも言えるでしょう。

1994年、12歳の時に「コロムビア歌謡曲新人歌手オーディション」に出場。

尊敬する大黒摩季の『永遠の夢に向かって』を歌い、全国決勝大会にまで勝ち進むほどの実力を着けました。

もちろんこの成績は音楽界のプロデューサーの目にも止まり、歌手のオファーがあったのだとか。

小柳ゆきさんはこの時部活動に没頭していたこともあって、歌手になることを断ってしまったといいます。

しかし、1997年に再度オファーが。

この時には歌手を目指すことを決意し、学生を続けながらもデビューに向けてボイスレッスンなどに励んだといいます。

1999年に晴れてあの名曲の「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」をリリース。

なんとオリコンチャートに45週連続ランクインするというロングヒットとなると共に、小柳ゆきさんの知名度も急上昇しました。

高校まで無事に卒業後は都内に拠点を移して本格的に始動。

セカンド、サードシングルも順調で、自信の2ndオリジナルアルバム『EXPANSION』はついにミリオンセラーとなりました。

2000年には日本有線大賞を受賞するとともに、紅白歌合戦でも初の登場となりました。

その後2001年、2002年と3回連続で紅白に出場しました。

その後も様々な活動を続けている小柳ゆきさん。

特に2006年に発表したシングル「誓い」では、ジャケットで大胆にもセミヌードを披露しました。

以降はあまりメディアに出る機会が少なくなってきた彼女ですが、単独ライブをやったりと、音楽活動は引き続き続けているようです。

そんな小柳ゆきさん、現在は一体どのような生活を送っているのでしょうか?

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!