コメディアン・俳優・司会者など、多方面で活躍している三宅裕司さん。

そんな三宅裕司さんの気になる現在や、嫁や娘との衝撃関係について調べてみました。

プロフィール

名前:三宅裕司(本名:同じ)

生年月日:1951年5月3日

血液型:B型

出身地:東京都千代田区

【経歴】

実家は印刷業を営んでおり、父は趣味で8ミリ映画を、母は元松竹歌劇団出身の日本舞踊の名人と芸に囲まれた環境で育たれました。

三宅裕司さん自身も母の影響を受け、幼い頃から日本舞踊や三味線、長唄、小唄などを習っていたそうです。

中学時代からは、落語やバンド活動を始めるなど、多種芸の道を突き進んでおられました。

明治大学附属明治高等学校を卒業後、明治大学経営学部と、高学歴出身の持ち主なんですね。

更に、明治大学時代でも、落語をされており、その当時の後輩に落語家の立川志の輔さんや立川談之輔さんなどがおられました。

また、タレントの渡辺正行さんもおられたそうですよ。

大学卒業後は、喜劇役者を目指し、日本テレビタレント学院に入ったものの生徒が若すぎた為、わずか3ヵ月で辞められます。

その後、劇団東京新喜劇に入所するも、劇団自体が解散に…。

紆余曲折あり、俳優の斉藤洋介さんらと共に劇団大江戸新喜劇の旗揚げをされますが、一度も舞台に立つことなく退所。

当時の劇団で行動を共にしていた小倉久寛さんや八木橋修さんら15人と、1979年に劇団スーパー・エキセントリック・シアターを旗揚げ。

同劇団は、東京の笑いを追求し続けるをコンセプトに「ミュージカル・アクション・コメディ」としての舞台を行われていました。

三宅裕司さんは、そこで座長を務められています。

ちなみに、元劇団員には、寺脇康文さんや岸谷五朗さん、水木薫さんなど、多数の著名人が在籍されていました。

結成後30年以上経過しても、劇団の人気は衰えず、東京公演だけでも、1万6000人以上の観客を動員し、チケットも即完売する盛況ぶりなんだそうですよ。

三宅裕司さんが、現在のようにテレビで活躍し始めた頃が、1980年代。

当時、ニッポン放送のラジオ番組で、パーソナリティを務めた事で、若者から絶大な支持を獲得。

それを機に一気に知名度が上がり「テレビ探偵」や「三宅裕司のいかすバンド天国」など多数のバラエティ番組の司会者を務められるようになりました。

以後、バラエティ番組だけには留まらず、俳優としてテレビ番組に出演したり、音楽バンドも結成するなど、幅広く活躍されます。

しかし2011年に、長年患っていた椎間板ヘルニアが悪化。

それにより救急搬送され緊急手術後、下半身の感覚がほとんどない状態が続いた事で、リハビリの為、年内いっぱい休養する事となられました。

翌年にラジオ番組で復活を果たすものの、2018年7月に「前立腺肥大症」と診断され、治療に専念するため、再度休養する事に…。

同年の8月の術後、生放送番組で復帰。

が、翌年、休暇で訪れた長野のスキー場で転倒し、左大腿転子部骨折となり、現地の病院で手術を受ける。

といった具合に、2010年以降、何かと病気やケガに見舞われている三宅裕司さん。

骨折後は、自身の番組にピンチヒッターとして小倉久寛さんが務められるなどされていましたが、現在はスタジオ復帰も果たされており、元気なご様子です。

嫁や娘との関係

1986年6月に一般女性と入籍した三宅裕司さん。

女性は、三宅裕司さんとは小学校時代の同級生との事です。

一般女性の為、詳細は分かりませんが「マコさま」と呼ばれています。

マコさまの由来に関しては、結婚当時、三宅裕司さんがパーソナリティを務めておられたラジオ番組のコーナーで「うちのマコ様」というコーナーがあり、そちらで奥様の事を紹介されていたんですね。

その際、三宅裕司さんが奥様が残された名言ならぬ迷言を紹介した事で、マコさまという呼び名が広く知られる事になったんです。

そんなマコさまの迷言である一部をご紹介!

「元々ダメなんだから頑張って!」受験生にかけた言葉だったそうなんですが、ダメで元々を言い間違えての言葉なんですね。

「あそこが立っているのが私の夫です」こちらは「あそこ」と「あそこに」の間違えですが「に」があるかないかだけで、意味は全く異なってきますね。

少しのいい間違えにより、数々の迷言を残されてきた奥様。

余りの天然ぶりに、三宅裕司さんが普通の奥さんになってほしいと懇願されたのだとか。

それでも30年以上連れ添っていられるという事は、家庭円満な証拠ですよね。

しかも奥様に関しては、実はやり手の方なんです!

都内にある某有名な「台湾からあげ」の経営者をされているそうですよ!

能ある鷹は爪を隠すといいますから、奥様もそっちタイプの方かもしれませんね!

また、お子さんに関しては一男一女授かられています。

ちなみに俳優の三宅弘城さんを、三宅裕司さんの息子さんと勘違いされる事がありますが、全く関係ありません。

息子さんは、画家志望との事ですので、そちら方面に進まれているかもしれませんが、一般男性の為、詳細は不明です。

娘さんに関しては、女優をされており、三宅麻祐子さんとの事です。

現在、俳優の弓削智久さんとご結婚され、芸能界から退き家庭に入られているそうですよ。

麻祐子さんと、三宅裕司さんですが、コロナ感染の点から、なかなか会えない日が続いており、お孫さんのお顔も見れない状態なのだとか…。

三宅裕司さんに限らず、そのような状況の方がたくさんおられますので、一刻も早く収束を願いたいですね。

現在

大病や骨折の影響など、昔ほどテレビ番組に出演されていない三宅裕司さん。

気になる現在ですが、2015年から「ふるさと探訪」という番組をもたれており、そちらに出演されています。

また、プロフィールでもご紹介させて頂きましたが、劇団の座長を務めておられ、毎年公演されていたり、ラジオ番組のパーソナリティを務めてられています。

テレビの影響で、俳優や司会者としてのイメージが強い三宅裕司さんですが、元々は喜劇役者を目指されていた方でしたので、メディアへの露出が減ったからといって決して消えたというわけではありません。

むしろ本職で見れば、劇団の座長ですので、そちらに専念しているといった感じでしょうか。

残念ながら2020年はコロナ感染の影響もあり、予定されていた公演は中止になってしまいましたが、今年は公演される予定との事ですので、楽しみですね!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!