最初に結論!永野(芸人)さんは現在、地方のPR動画や営業に出演して活動を続けているようです。

今一番有名な「永野」と言えば、朝ドラ「半分青い」でブレイクし、現在も、ドラマに出演している永野芽郁さんですが、お笑い芸人の永野さんをご存知でしょうか。

宮崎県宮崎市出身で、グレープカンパニー所属のピン芸人です。

不気味なダンスを踊りながら、「△△より普通に〇〇が好き~」というネタで一躍ブレイクしました。

しかし、最近はあまり見かけません。

今回はそんな彼の消えた理由や現在に迫っていきたいと思います。

プロフィール

永野さんの経歴は、次のとおりです。

宮崎日大高校卒業後、東京へ来て専門学校日本スクールオブビジネスに進学するも、“逃げるように”お笑いの道へ進んだそうです。

オーディションを経てホリプロに入り、芸能界デビューします。

1995年頃より活動を始めました。

ピン芸人としての芸名は「永野」→「永野おしり」を経て再び現在の「永野」に戻っています。

所属事務所はホリプロに2002年まで、フラットファイヴに2010年5月まで在籍します。

またホリプロ退社後のフリーだった一時期、「四木ひろし」(よつきひろし)と名乗って、五木ひろしのモノマネでライブに出演していたこともありました。

なお本人曰く、ホリプロからは「君の芸風はホリプロではない」という理由で所属契約の解除を通告され、当時のマネージャーからは「お前のことが好きだから『クビ』とは言いたくない。頼むからお前から『この事務所を辞める』って言ってくれ」と泣かれたそうです。

また、移籍先にフラットファイヴを選んだのは、売れてる芸人が(当時まだ)いなかったからということで「もう30歳を過ぎていたし、年下の芸人を先輩と呼ぶのもイヤだなと思った」ということが理由だったそうです。

2011年に、GLAYの曲『everKrack』のミュージック・ビデオに出演しました。

このビデオの演出を務めた清水康彦が永野の動画を視て、永野を推薦して出演に至ったそうです。

2012年7月29日、大阪・長居スタジアムにて開催されたGLAYのライブ「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in Osaka NAGAI STADIUM supported by Glico」にサプライズ出演しました。

その後も、永野の出演するお笑いライブにGLAYから差し入れが届いたことがあったそうです。

2012年9月2日の自分の誕生日に、Zepp Tokyoで単独ライブ『永野お笑い単独SUPER LIVE2012 目立ちたがり屋がZeppでライブ』を開催します。

2013年は『日10☆演芸パレード』(MBS)に出演しキモいと評判になり、島田洋七さんにも「(永野が)弟子だったら殴る」と言われたほどでした。

勝ち抜きキャスティングバトルでは1週のみではあるが勝ち抜いています。

この頃から髪型をPerfumeの大本彩乃さんを意識したワンレンショートボブに定めます。

2014年の年末に放送された「アメトーーク!」でラッセンのネタを披露したことから大ブレイクしました。

2014年にご結婚されているのですが、ブレイク前だったので話題にならなかったのだそうです。

2015年12月末までに予約が1000枚を超えるとオリジナルDVDを発売することを発表しました。

2015年12月、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の番組の中でクリスチャン・ラッセンの絵画(62万円)を購入しました。

2016年11月には、エポック社の新CM発表記念イベントにて、ネタにしているラッセンと初共演を果たします。

また同月、NHK-BSプレミアム「シリーズ横溝正史短編集 金田一耕助登場!」第2回「殺人鬼」に賀川 役として出演しています。

現在はグループカンパニーに所属しており同じ芸人さんには、お笑いコンビのサンドイッチマンが所属しています。

消えた理由

しかし、ブレイクしてからは好感度がどんどん下がっていき、今では芸能界を干されると噂までされています。

永野さんがテレビから干されてしまったという噂となったの2つの事件をご紹介いたします。

一つ目は、とんねるずのドッキリ企画でした。

落とし穴に落とされるという企画だったのですが、普通、そのリアクションで笑いが取れるいわゆる、「おいしい」話なのです。

ところが、永野さんが「なめられてる」とまさかの逆切れをしてしまいました。

どっきり後のインタビューで以下のようにコメントをされました。

「意味わからない。ちょっと怒ってます。ナメられてるな!」

表情も完全に怒っており、スタジオが凍り付いた、なんて話もあるそうです。

この案件でとんねるずを怒らせ干されたと言われています。

「とんねるずに逆切れした!」とネット上で騒がれてしまいました。

もう一つは、ダウンタウンの松本人志さんにビンタをしたと言われているのです。

調べてみるとビンタをした相手は松本人志さんではなく俳優の松本大志さんでした。

これ自体は、間違いだったようです。

しかし、「クローズZERO」と言う映画の宣伝告知に来た松本大志さんに永野さんがビンタをするというおそらく台本通りなのですが、あまりにも強すぎてマジ切れでビンタをしたのではないかとの声もあり、松本大志さんのファンからは怒りの声が相次いでいるそうです。

ビンタが強すぎたのか松本大志さんのほっぺたが赤くなっていたそうです。

台本通りだったとはいえちょっとやりすぎてしまったのかもしれません。

これらをきっかけにテレビでの出番を失ってしまったのではと言われています。

この他に、永野さんの性格が噂ではかなり悪いと言う話もあります。

芸人としてブレイクするようになってからは天狗になっていると周りからも言われています。

本人自身のコメントにも「事務所の忘年会にはあまり出席しない」「友達が多い貧乏人よりも孤高な金持ちでいたい」などがあり、これを聞く限り性格がいいというイメージはあまり沸きません。

また、特にテレビ関係者を嫌っている噂もあるそうです。

永野さんは「テレビの人はあんまり近くにいくと調子こく」「数字主義者だから」「数字主義者とあんま近くにいると終わる」「数字主義者と手を組むと、結局テレビの犬になる」と“数字主義者”というフレーズを連発して持論を展開したそうです。

ただ、芸人としてブレイクするまでに20年の下積み生活があった永野さんなので、もしかしたら性格が悪いという噂はキャラなのかもしれません。

現在、何してる?

現在の仕事レギュラーはPONのみですが、いくつか不定期出演もあり完全に消えたとは言い辛いです。

収入の方もお金は結構稼いでいるみたいです。

実はテレビに出ていなくとも、地方のPR動画や営業に出演して活動を続けているようです。

いずれはYouTuberとかになったりするのかもしれません。