長島三奈さんといえば、ミスタープロ野球の長嶋茂雄さんの娘で、長嶋一茂さんの妹ですよね。

以前はスポーツキャスターとしてテレビ出演も多かったですが、最近は見ることが無くなりました。

そんな長島三奈さんの2022年現在の様子はどうなんでしょうか?

今回は長島三奈さんのプロフィールや、噂のある長嶋一茂さんとの確執の真相、現在の活動などまとめてご紹介しましょう。

プロフィール

まず、長島三奈さんのプロフィールからご紹介しましょう。

・名前:長島三奈(ながしまみな)

・生年月日:1968年6月3日(2022年8月現在54歳)

・出身:東京都大田区

読売ジャイアンツ終身名誉監督・長嶋茂雄さんの次女として誕生しています。

長嶋一茂さんは長男で、長島三奈さんと一茂さんの間に一般人のお姉さんもいますね。

弟は元レーシングドライバーの長島正興さんがいますので、4人兄弟ということになります。

1991年にテレビ朝日に入社し、スポーツ局で記者として活動。

「ニュースステーション」のスポーツコーナーや、「長島三奈の熱闘!スポーツM18」でキャスターを務めていました。

とても明るいキャラクターで笑顔が素敵でしたし人気がありましたよね。

2003年3月に一旦退社し2004年2月に契約社員として職場復帰、2014年1月31日付でテレビ朝日との契約が終了したことによりフリーとして活動を開始しています。

2003年に退社したのは、父親の長嶋茂雄さんの個人事務所を引き継ぐためにと言うことですね。

2004年に茂雄さんが脳梗塞で倒れ、2007年には母親の亜希子さんが死亡されました。

そのためそれ以降は父親の介護をし、2007年からはオフィスエヌという個人事務所の代表取締役を引き継いでいますね。

夏の全国高等学校野球選手権大会のダイジェスト番組「熱闘甲子園」でメインキャスターを長く務めていて、高校野球の取材に関わっていたという事で、始球式を務めた事もあります。

テレビの露出は減っていますが、全然メディアに出ないというわけでも無く、テレビ出演もしているのが現状のようです。

長嶋一茂との確執

長島三奈さんですが、長男の長嶋一茂さんと確執があると言われています。

2009年頃、長嶋茂雄さんの商標権を巡った長嶋家の対立を「週間文春」「フライデー」などが報じていました。

その時の記事によると、2009年に一茂さんが家族に何の相談もなく、長嶋茂雄さんゆかりの品を福井県のミュージアムに売却したという事。

これに長島三奈さんが猛反発して確執が決定的になったという事なんですね。

また「オフィスエヌ」の「長嶋茂雄」の商標期限が切れたタイミングで、一茂さんのお嫁さんが代表を務めていた「有限会社ナガシマ企画」が「長嶋茂雄」の商標を「オフィスエヌ」にことわりなく登録。

しかし「オフィスエヌ」の猛抗議で弁護士同士の協議の後、「オフィスエヌ」に商標が戻されるという事もあったということです。

以前から仲は良くなかったようですが、争いが表面化したのは長嶋茂雄さん夫人の亜希子さんが亡くなった2年後と言うことですね。

亜希子さんがいた頃は上手くまとめていたって事なのかもしれません。

2009年6月には差出人「長嶋茂雄」名でマスコミ各社やスポンサーに通知書が届いたと言うことですよ。

この通知書ですが、簡単に言うと長嶋一茂さん側の事務所には利用させないという内容ですね。

まあ一茂さんと三奈さんの兄妹仲の悪さはずっと言われており、一茂さんの1999年の結婚式にも三奈さんが出席してなかったというのもありますからね。

一茂さんと仲が悪いのか、結婚した一茂さんのお嫁さんが気に入らないのかはわかりませんけど。

元々兄弟仲がよくなく、また家族仲も良くなかったという話もあります。

一茂さんは家族6人揃って旅行や食事をする事は一度も無かったと発言もしていました。

まあ、小さい頃はそういうこともあったのかもしれませんが、大きくなってからは無かったのかもしれませんね。

偉大な父親を持つって言うことは、それだけで色々大変なんだなって思います。

また一茂さんは2017年には父親の茂雄さんの財産について将来的な相続を放棄していると話していました。

「そういうので揉めたくない」と話していましたが、三奈さんと争いたくないという考えなのかもしれません。

現在

長島三奈さんの現在ですが、テレビ出演もしていますね。

2022年8月14日にはかつて、メインキャスターを務めたテレビ朝日系「熱闘甲子園」に一夜限りの出演をしていましたが、今でも変わらず綺麗でしたね。

また違う番組でもいいので、テレビ出演をして欲しいと思います。

現在は父親の長嶋茂雄さんの介護もしているようで、大変かもしれませんが、結婚もせず独身という事ですよ。

一茂さんとは母親の亜希子さんの葬儀以来あっていないという事ですが、兄弟仲良くやって欲しいですけどね。

最後までご覧いただきありがとうございました。