数多く活躍する沖縄出身アーティストの中でも、多くのヒット曲を持つオレンジレンジ(ORANGE RANGE)

「ロコローション」「花」「イケナイ太陽」「上海ハニー」など、タイトルだけで歌が思い浮かぶ、そんな大ヒット曲を持つ彼らですが、最近テレビなどで姿を見かけなくなりました。

解散説も流れるようですが、現在はどうしているのでしょうか。

プロフィール

オレンジレンジは、2001年、当初は沖縄市で音楽好きな仲間が集まり結成されたロックバンドでした。

ライブハウスやストリートで演奏していくうち、人気が出始め、2002年「オレンジボール」でインディーズデビューします。

そして2003年、「キリキリマイ」でメジャーデビューすると、同年発表した「上海ハニー」が大ヒット。

2004年シングル「ミチシルベ」から2006年の「チャンピオーネ」まで、9作が連続でシングルの売り上げ首位を獲得しました。

セカンドアルバムの「musiQ」は累計263万枚以上を売り上げ、第19回日本ゴールドディスク大賞でアーティストオブザイヤーを獲得する快挙を成し遂げ、まさにオレンジレンジ旋風を巻き起こしました。

デビュー当時のメンバーはYAMATO(高音域ボーカル)、HIROKI(中音域ボーカル)、RYO(低音域ボーカル)、NAOTO(ギター、プログラミング他)、YOH(ベース)、KATCHAN(ドラム)の6人でした。

2005年、腱鞘炎と音楽性の違いからドラムのKATCHANが脱退します。

オレンジレンジは、当時リーダーだったNAOTOが雑誌のインタビューで「オレたちの中の合言葉はパクろうぜ!です。まずはカヴァーするんですよ。で、ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)」と語っています。

この発言の真意は、あくまでも曲の参考にするという意味での「パクる」ですが、実は彼らの音楽には盗作問題が指摘されています。

オレンジレンジ作詞作曲とされていた「ロコローション」は、メロディーや歌詞の一部がキャロルキングの「ロコ・モーション」と一致していると訴えられます。

その後アルバムでは同曲をカバー曲扱いにします。

これをきっかけに、他にも似た曲があると報じられてしまいます。

また、楽屋での暴言やラジオでの発言なども問題となることがありました。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!