最初に結論!乙武洋匡さんは現在、言論活動の仕事をしているようです。また、世界中を巡っている様子で、障がい者スポーツやトランスジェンダーなどを公表している性的少数者(LGBT)の、取材に取り組むなどしているとのこと。

先天性四肢切断という障害がある中、彼の屈託のない個性でベストセラーになった『五体不満足』の著者、乙武洋匡

不倫報道を受けて一気に世間の見る目が変わり、活動を自粛していた彼は、現在どうしているのでしょうか。

プロフィール

乙武洋匡(オトタケ ヒロタダ)文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライター。

1976年4月6日生まれ、東京都出身。

A型。

先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している。

早稲田大学政治経済学部卒業。

その後、明星大学通信教育課程人文学部へ学士入学。

大学時代に早稲田のまちづくり活動に参加。

このまちづくり活動を取材したNHKの番組出演がきっかけで、障害者としての生活体験をつづった『五体不満足』を執筆し、出版。

単行本の表紙に、電動車いすに乗り移動する乙武の写真が用いられたこの本は、彼の屈託のない個性と「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」と言い切る新鮮なメッセージがあいまって(これは三重苦のヘレン・ケラーの言葉である)、文体の読みやすさもあり大ベストセラーとなった。

また学生時代から、報道番組にサブキャスターとして出演。

2000年2月、都民文化栄誉章を受賞。

2005年、新宿区の非常勤職員として「子どもの生き方パートナー」に就任。

また同年より小学校教諭免許状を取得するために、明星大学通信教育課程人文学部へ学士入学し、教員の道への足がかりとした。

2007年2月、小学校教諭二種免許状を取得。

2011年4月よりロックバンド「COWPERKING」のボーカル「ZETTO」としても活動している。

2013年3月8日、東京都教育委員に就任するも、2015年12月31日で途中辞任。

母の様子がやばい!?

乙武洋匡さんは2001年3月に結婚しました。

結婚相手は一般人の方で名前は仁美さん1978年生まれ、彼女も早稲田大学出身でお二人は大学内で出会ったそうです。

乙武さんが先輩で、奥さんが後輩の間柄であったとのこと。

そして結婚されてから、2008年1月3日に第1子(長男)が誕生し、2010年7月9日に第2子(次男)が誕生。

さらに2015年3月22日、第3子となる長女が誕生しています。

そんな夫婦円満かと思いきや、とんでもない不倫騒動が起きてしまいます。

”一夫一婦制では不満足5人との不倫”と週刊新潮が報道し、乙武さんはなんと、5人の女性と不倫関係にあったことを認め、その不倫理由は「息子が生まれて妻が母になったから夫婦らしさが失われた」と語っています。

そんな事態を受け、乙武さんの母親も激怒!

「世間には(家庭を大事にしている)立派な男性がたくさんいるのに、息子はひどいものです。浮気したうえに、愛人が何人もいたなんて馬鹿なことを堂々と宣言するなんて最低のことで、“まとも”ではありません。いったい息子は何を考えているのか」とコメント。

先天性四肢切断という障害を抱えて生まれてきた息子を、母親は深い愛情で包んでいたといいます。

そして妻の謝罪文が話題になったことについて「悪いのは息子で、お嫁さんにはまったく非がないのに、彼女にも謝らせるなんて、とんでもないことです」と語っていたとのこと。

愛情いっぱいに育てた息子が、こんな失態を起こすなんて母親からしたら、この激怒は無理もない事でしょうね…。

続きは次ページから!!