1970年後半代に活躍したピンクレディーのミーとケイ。

斬新な踊りに、歌唱力と容姿を備えた事から、爆発的ヒットを起こしましたね。

未だに、CMソングなどでも使用されているヒット曲がいくつもあります。

そんな彼女達の現在が衝撃的すぎる!?

気になる衝撃事実を知らべてみました!

プロフィール

ピンクレディーは、ダンスミュージック系アイドルデュオ。

【メンバー】

名前:ミー(本名:根本美鶴代)

生年月日:1958年3月9日

血液型:A型

出身地:静岡県静岡市

名前:ケイ(本名:桑木啓子)

生年月日:1957年9月2日

血液型:O型

出身地:静岡県静岡市

【経歴】

ミーとケイの二人は、中学、常葉高校(現・常葉大学附属常葉高校)からの同級生だった。

1973年にヤマハが主催する音楽オーディションに、それぞれ合格し、授業料が免除される特待生にも合格していた。

当時、ヤマハボーカルスクールに通い、そこで講師から勧められ「クッキー」というデュオを結成。

2人で歌手デビューを目指す。

クッキー名義で、1974年に開催されたポプコン東海地区大会決勝に進出。

数々のスターを誕生させ話題となっていた当時の番組「スター誕生」に出演し、フォークグループ「ピーマン」の「部屋を出てください」を披露。

当時、無名の歌手の曲を披露した事や、二人でおそろいのサロペットで登場し、その素朴さから注目を浴び、デビューへとつながる。

ちなみに、この選曲や衣装に関しては、当時二人で注目される為に、綿密に考えた上で作られた素朴さだった。

「素朴」さで目を惹き、デビューへと繋がった二人。

そのイメージでデビューを考えていた事務所だったが、当時の音楽プロデューサーである飯田久彦さんにより、真逆のキャラクターとしてプロデュースされる。

それが、現在定着しているイメージのピンクレディーだった。

素朴な二人が、手足の露出にキラキラ生地のミニ衣装を纏い、セクシーなダンスを披露する。

この為、デビュー当時は、深夜番組に出演する事が多かったほどである。

デビューシングル「ペッパー警部」では、キワキワな衣装という事もあり、冷ややかな視線があったものの、両足をガニ股に開くポーズが斬新となり、子供たちにダンスブームを起こす。

この事から、老若男女から人気を獲得。

デビュー曲が、ミリオンセラーとなり、第18回日本レコード大賞・新人賞を獲得。

翌年にかけてロングヒットを記録するなど、デビューから爆発的人気を起こす。

以後、「S・O・S」や「カルメン”77」など、大ヒットを連発。

グッズなども販売され、巨額の経済効果を生むほどとなる。

1980年9月に二人で解散を発表。

解散後は、それぞれソロ活動を開始しながらも、期間限定でピンクレディーを再結成するなどしていた。

2010年から、ピンクレディーを再結成し活動を開始。

2018年に、日本レコード大賞に出演し、当時と変わらなずキレのあるダンス、歌唱力を披露し話題となった。

ミーの現在

1980年に解散し、その後ピンクレディーを再結成した二人。

その一人であるミーさんの現在は?

解散後、外国のカバーソングをロックで披露するなど歌手として活動を開始。

また、アニメタルのファミリーとなり、アニメタルレディーとしても活躍していました。

既に還暦を超えているミーさんですが、見た目も変わらず美しく、また、当時の歌唱力もそのままです。

そんな現在のミーさんがこちら。

去年、光り輝く60代以上に送られる「プラチナエイジスト賞」(※ピンクレディーとして)を受賞されているだけあって、キラキラされていますね。

この見た目の美しさで60代とは…。

見えないですね。

国民的アニメの「サザエさん」に出ている「フネ」さんより10歳も年下になるんですよ。

昭和の60代と令和の60代。

3世代違うと、同じ60代でも、こんなに変わるんですね。

ケイの現在

ピンクレディーのもう一人のメンバーであるケイさん。

ケイさんは、ピンクレディー解散後、歌手として活動する傍ら「増田恵子」と改名し、女優としても活動を開始。

そのため、ミーさんよりは、メディアで見かける機会が多かった事もあり、ご存じの方も多いかもしれませんね。

そんなケイさんですが、実は甲状腺の病気の一つであるバセドウ病をいう病気に罹られていた事がありました。

バセドウ病を患う前から、何かと病気に見舞われていたケイさん。

20代の時には突発性難聴にかかり、ピンクレディー再結成時の2015年にも、再度患っています。

その際、2週間放置していた事が影響し、激しいめまいや難聴、耳鳴りに襲われるという事態に。

診断の結果「メニエール病」を発症していたそうです。

現在、メニエール病に関しては、完治しているものの、突発性難聴やバセドウ病については、完治には至っておりません。

ですが、症状が落ち着いている為、発生しないよう仕事をセーブされています。

また私生活面では、2002年6月に、現在の夫・桑木知人さんと結婚。

お二人の間に、お子さんはいないものの、ケイさんが辛かった闘病時代を支えてくれるなど、夫婦としての絆は固く、夫婦仲は良好のようです。

そんなケイさんの現在がこちら!

ケイさんも、変わらず素敵なままですね。

元々、細身な方でしたが、未だに体型が変わっていないところも凄いですね。

ピンクレディーとして、ライブなども控えられていますが、バセドウ病や難聴などの関係もありますので、余り無理しないよう気を付けて頂きたいですね。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!