チェッカーズと言えば、1980年代ぐらいには大人気だったポップスバンドですよね。

今の若い人達は知らないでしょうが、ファッションや髪型などもマネされるほど人気でした。

そんなチェッカーズですが、メンバーの現在はどうなっているでしょうか?

また解散理由の真相は?

今回はチェッカーズのメンバー紹介、そして解散理由、現在のメンバーの様子などをご紹介します。

メンバー紹介

まず、チェッカーズのメンバー紹介をしましょう。

チェッカーズは7人組のバンドですが、1人ずつご紹介します。

・本名:藤井郁弥(ふじいふみや)

・生年月日:1962年7月11日(58歳)

・出身地:福岡県久留米市

・担当:ボーカル

国鉄職員として就職していましたが、1983年にチェッカーズンリードボーカルとしてデビューし、数多くのヒットを飛ばしています。

歌唱力の見ながら、外見や言動も注目され、先進的なファッションをマネする若者が増加!

・本名:武内亨(たけうちとおる)

・生年月日:1962年7月21日(58歳)

・出身地:福岡県田川市

・担当:ギター

チェッカーズではリーダーで、藤井郁弥さんをチェッカーズに誘った張本人。

作曲も担当していて、「ONE NIGHT GIGOLO」などが有名。

アルバムやシングルのB面に収録されていることが多いです。

・本名:高杢禎彦(たかもくよしひこ)

・生年月日:1962年9月9日(58歳)

・担当:ボーカル

チェッカーズのサイドボーカル。

藤井兄弟の幼馴染みで、藤井郁弥さんに頼み込んで、チェッカーズに加入したということ。

俳優活動もしていて、エッセイなども執筆していました。

・本名:大土井裕二(おおどいゆうじ)

・生年月日:1962年11月2日(58歳)

・出身地:福岡県田川市

・担当:ベース

「シークレッツ」というバンドに所属していましたが、解散。

その後、藤井郁弥さんらに誘われ、新しいバンドを作るまでの繋ぎということで、チェッカーズに加入するが、そのままデビューしています。

「ガチョウの物語」「I Love you ,SAYONARA」など作曲しています。

・本名:鶴久政治(つるくまさはる)

・生年月日:1964年3月31日(56歳9,000円

・出身地:福岡県久留米市

・担当:サイドボーカル

サイドボーカルとしては高音部(ファルセット)を、曲によってはキーボードも担当しています。

「Room」「WANDERER」「夜明けのブレス」「ミセス マーメイド」などを作曲。

・本名:徳永善也(とくながよしや)

・生誕:1964年6月7日

・出身地:福岡県久留米市

・担当:ドラム

「クロベエ」の愛称で親しまれていました。

ステージやバラエティ番組で、ひょうきんなキャラクターを見せていました。

・本名:藤井直之(ふじいなおゆき)

・生年月日:1964年12月27日(56歳)

・出身地:福岡県久留米市

・担当:サックス

藤井郁弥さんがお兄さん。

イケメンで人気もありましたが、アイドル扱いされていた事にいらだっていたという事。

「NANA」「Blue Rain」「素直にI’m Sorry」「Blue Moon Stone」などを作曲。

以上7名がチェッカーズのメンバーになります。

皆さん福岡県出身で幼馴染みなど仲の良いイメージがありましたね。

解散理由は?

さて、そんな福岡県から皆揃って上京し、1980年代~1990年前半に大活躍していたチェッカーズですが、解散理由はなんでしょうか?

アイドル級の人気を誇り、人気絶頂の時に解散しています。

1985年に個人事務所「スリースタープロ」へ移籍し、その後ソロ活動が増え、チェッカーズとしての時間が取れない為に解散したという事になっています。

しかし実はチェッカーズを抜けたいと言ったのは、藤井郁弥さんで、そのことで7人が話あい、解散に至ったという事ですね。

そしてチェッカーズは、解散を望んだメンバー(藤井郁弥さん、尚之さん、武内亨さん、大土井裕二さん)、継続を希望したメンバー(高杢禎彦さん、鶴久政治さん、徳永善也さん)と二つに分かれてしまいます。

普通に考えても、藤井郁弥さんが抜ければチェッカーズとしての活動が難しい事は分かりますよね。

その原因は、やはり解散によるすれ違いって事ですね。

高杢禎彦さんはチェッカーズを解散すると食べていけないと、最後まで継続を希望したという事です。

しかし実際は解散してしまい、溝が生まれたと言われています。

ファンとしては、ずっとチェッカーズを続けて欲しかったですけどね。

それぞれの現在

チェッカーズは1992年に解散しましたが、その後のメンバーはどんな活動をしている野でしょうか?

現在の様子をご紹介しましょう。

まず、一番露出が多いのは藤井郁弥さんですね。

解散後もソロとして活躍し「TRUE LOVE」「Another Orion」などもヒットしています。

弟の藤井尚之さんとも「F-BLOOD」というユニットで、ライブなども行っていますね。

元リーダーの武内亨さんは、現在も活動しており、作曲家・プロデューサーとしても現役ですね。

高杢禎彦さんは、最近は全然見かけませんね。

ガンを患い、エッセイなども執筆。

またチェッカーズの事を書いた本も執筆していて暴露本と言われていましたが、現在は何をしているか分かりません。

鶴久政治さんも、チェッカーズ解散後はテレビにもソロで出演していましたが、最近はテレビで見かけることもなくなりました。

作曲活動はしているようですけどね。

大土井裕二さんは、現在も芸能活動を続けています。

バンド「seamus」にて活動し、藤井尚之さん、武内亨さんとともに「アブラーズ」というバドでも活動しています。

藤井尚之さんも、芸能活動を続けています。

楽曲提供なども行っており、裏方って感じが強いかもしれませんね。

そして、徳永善也さんですが、40歳の時に癌で亡くなっています。

徳永さんがもし生きていれば、チェッカーズの再結成もあったかもしれませんが、それは叶わぬ夢って事かもしれません。

2022年は解散して30年なので、何かしらしてくれると嬉しいですが、どうでしょうか?

期待したいと思います!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!